【テレビ台の選び方】高さや幅のサイズと種類!キャスターは必要か?

テレビ台の選び方には、ポイントがあります。サイズに関しては、テレビを置く位置の高さと、幅や奥行きの広さが重要です。サイズ目安の詳細をはじめ、種類と収納についてや、キャスターはいらないのか必要か?さらにフローリングへの傷つき防止方法と、インテリア性やレイアウトなど、壁掛けも含めて、テレビ台の選び方を解説します。これらを参考にした上で、下記リンク記事をチェックしてみてください。最適なテレビ台に、出会えるはずです。
テレビ台/おしゃれで安いおすすめ店!ニトリやIKEAと無印の他も
テレビ台が、おしゃれで安い!おすすめの通販店をご紹介します。人気のかわいい白色や、北欧デザインも充実。小さめから大型のサイズがそろっているので、一人暮らしと家庭のどちらもOKです。ニトリや無印とIKEA以外のお店でも、おしゃれで安いテレビ台を見つけられますよ。
  1. テレビ台の選び方/最適な高さのサイズ目安など
    1. 見やすさに関わるテレビの高さ位置
    2. テレビの位置が高いと首に負担が
    3. テレビの高さ位置は低めが理想
    4. 視聴環境で変わる最適な高さ位置
  2. テレビ台の選び方/幅についてのサイズ目安など
    1. バランスがよいのは幅広のサイズ
    2. 配線作業のスペースが必要になる
    3. 幅の広い方が収納量は多くなる
    4. 横の空いたスペースは物を置ける
  3. テレビ台の選び方/サイズと対荷重は余裕が必要
    1. 奥行きに余裕がないといけない
    2. テレビの放熱スペースを考慮する
    3. 重さに耐えられる対荷重を確認
  4. テレビ台の選び方/サイズや形状の種類について
    1. テレビ台はいくつかの種類がある
    2. 一般的なテレビ台はローボード型
    3. コーナー型は省スペースに配置可
    4. 伸縮式は角への配置や幅の変更可
    5. ハイタイプは3種類に分けられる
    6. 壁面収納タイプはサイズに注意
  5. テレビ台の選び方/物が収納できる棚について
    1. 収納の棚は用途にあわせて使う
    2. 見える収納は飾れるオープン棚
    3. 見せない収納の引き出しや扉付き
    4. AV機器を収納する棚の機能性
  6. テレビ台の選び方/フローリングへの傷を防止
    1. 保護剤でフローリングの傷を防止
    2. マットでも床への傷を防止できる
  7. テレビ台の選び方/キャスターいらない?必要?
    1. キャスターは床に傷を付けがち
    2. フローリングが変色するゴム製
    3. キャスターによる傷と変色を防止
    4. 配線を巻き込みやすいキャスター
    5. キャスターがなくても移動できる
  8. テレビ台の選び方/色などインテリア性について
    1. テレビ台はインテリアの影響が大
    2. 色だけでも印象が大きく変わる
  9. テレビ台の選び方/レイアウトについて
    1. 設置する場所の広さを測っておく
    2. テレビが見やすい距離をふまえる
    3. 部屋全体のレイアウト変更も検討
    4. テレビの転倒を防止すると安心
  10. テレビ台の選び方/実践が難しいテレビの壁掛け
    1. すっきりするテレビの壁掛け
    2. 壁掛けできる壁の構造が必要
    3. 壁掛け風なら簡単に実戦できる
    4. 実用性ではテレビ台の方が好都合
  11. まとめ

テレビ台の選び方/最適な高さのサイズ目安など

見やすさに関わるテレビの高さ位置

テレビ台を設置する目的は、テレビの置き場所や、収納スペースを作るだけではありません。何より、テレビを視聴しやすくすることが、一番ではないでしょうか。これは、ローボード、伸縮式、コーナー型、ハイタイプと、どの種類であってもいえます。そして、テレビの見やすさに関しては、横幅のサイズや収納量はあまり関係ないです。重要なのは、テレビを置く位置の高さになります。

テレビの位置が高いと首に負担が

目線よりテレビの位置が高い場合、画面を見るため顔が上向きになります。これは視聴しづらく、首に負担がかかる状態です。そして、首の疲労感やコリを抱えてしまうことにつながります。テレビの視聴は、長時間にわたる場合が多いことから、見上げる体勢にならないよう、注意しないといけません。なので、テレビを置く高さ位置は、目線より低めが適正となります。

テレビの高さ位置は低めが理想

テレビを置く位置は、低い方がよいです。とはいっても、あまりに低すぎると視聴しづらくなります。テレビの画面を「少しだけ下向きに見る」ぐらいの高さ位置が理想です。この高さなら、首に負担をかけることなく、快適にテレビを視聴できますよ。平均的な高さの目安として「目線より15度ほど下の位置」または「目線より40cm前後ほど下の位置」に、テレビがあると視聴しやすいです。

視聴環境で変わる最適な高さ位置

テレビを視聴する環境はさまざまです。床に座る、座椅子に座る、座面の低いソファや座面の高い椅子に座る、ベッドで横になるなど、どれも目線の高さは異なります。さらに座高(ざこう)も、目線の高低に影響する要素です。そのため、ダイニングやリビング、寝室といった場所に加え、視聴する人の座高によって、最適なテレビの高さ位置は変わってきます。実際に、テレビを視聴する時と同じ状況に身を置いて、イメージしてみましょう。

テレビ台の選び方/幅についてのサイズ目安など

バランスがよいのは幅広のサイズ

テレビよりテレビ台の幅が狭いと、見た目のバランスが悪くなります。それに不安定な印象になって、落ち着きません。テレビ台の幅が広ければ、テレビがバランスよくおさまり、安定感もでます。設置できるスペースがあるなら、横幅は広いに越したことはないです。見た目における、テレビ台のベストな幅サイズの目安は「テレビの横幅×1.6」。狭くても「テレビの横幅+10〜30cm」は必要です。

配線作業のスペースが必要になる

テレビには、レコーダーなどのいろいろな機器を、取り付ける場合が多いですよね。その配線の接続は、テレビの背面でおこないます。テレビの左右に空いたスペースがないと、テレビの背面へ手をまわせません。なので、配線作業をおこなうたびに、テレビを移動させる必要がでてきます。テレビの両サイドに余裕があれば、テレビを移動することなく、配線作業が可能です。幅の広いテレビ台なら、手を入れるスペースが確保しやすくなります。

幅の広い方が収納量は多くなる

レコーダーから、DVDやブルーレイにゲーム機など、テレビを介して使うAV機器がある場合は、その分の収納量を持つテレビ台を、選ばないといけません。テレビまわりに置かないと、配線を接続できなかったり、ほかにも何かと不便がでてきたりします。壁面収納のハイタイプなら、テレビの上部とサイドにあたる大容量な収納を活用可能です。ローボードでも、テレビ台の幅が広くなるほど、多くの収納量を得られますよ。

横の空いたスペースは物を置ける

テレビ台の幅に対してテレビが小さいと、まわりにスペースが空きます。見た目のバランスに不安を覚えるかもしれませんが、テレビ台が大きい分には問題ありません。それに空いたスペースは、うまく活用できます。お花や観葉植物、雑貨のほか小物や写真立てなどを飾れば、素敵なディスプレイになるでしょう。飾り目的ではなく、実用的な物を置いてもよいですね。収納ボックスや、小型の収納棚を置く方法もあります。

テレビ台の選び方/サイズと対荷重は余裕が必要

奥行きに余裕がないといけない

テレビ台の幅に加えて、奥行きも広い方がよいです。テレビの前後のすべてが台に載りきらないと、重さによる負担が正常に分散されません。そして、テレビの一部分だけに強い荷重がかかり、破損してしまいます。とはいっても、今やテレビは薄型です。テレビ台の奥行きが狭くて、テレビ全体が載らない…ということは少ないので、確認するまでもないでしょう。でも、配線作業や排熱のため、奥行きのサイズに余裕が必要です。

テレビの放熱スペースを考慮する

テレビをはじめ電化製品の多くは、使用中に熱を発します。狭い場所だと熱がこもり、電化製品が壊れてしまいかねません。これを防ぐには、熱を逃す放熱スペースが必要です。テレビ台のサイズに関わらず、テレビの両サイドと背面が空いていれば、そこが放熱スペースとなります。でも小さなテレビ台だと、まわりに密着して狭くなりがちです。幅と奥行きに余裕があるテレビ台なら、放熱スペースを簡単に作れます。

重さに耐えられる対荷重を確認

テレビ台に限らず家具には「載せる物に対して、どれぐらいの重さに耐えられるのか」という対荷重が決まっています。対荷重を超えると、家具の破損につながるため、気を付けてください。テレビの重さが、テレビ台の対荷重を超えている場合…ひとつの例ですが、テレビを載せている部分が湾曲し、下にある収納棚の扉が開閉できなくなります。テレビや収納物の重さが、テレビ台の対荷重におさまっているかを確認しましょう。

テレビ台の選び方/サイズや形状の種類について

テレビ台はいくつかの種類がある

テレビ台は、いつくかの種類に分けられます。おもにローボード、コーナー型、ハイタイプ、伸縮タイプです。テレビを載せられればどの種類でもよい、というわけではありません。スペース的な問題、テレビの見やすさや収納などの実用性、家具としての見た目といったことをふまえて、最適なものを選ぶ必要があります。そのために、各種類の特徴を知っておきましょう。テレビ台とはちょっと異なる「壁掛け」については、最後の方で解説します。

一般的なテレビ台はローボード型

ローボード型は、高さが低いテレビ台です。テレビを置く位置も低くなります。そのため、床や座面の低いソファに座って、視聴するシーンに最適。そしてローボードのテレビ台が、一般的な種類です。流通量が多いことから、サイズやデザインのバリエーションが豊富かつ、リーズナブルなものがたくさんあります。でも、高さが低いせいで、収納できる量は少なめです。幅が広くなるほど収納量は増えますが、その分の場所をとってしまいます。

コーナー型は省スペースに配置可

テレビ台を配置するスペースがないと思っても、角(コーナー)なら空いている場合が多々あります。部屋の角へ置けるテレビ台が、コーナー型です。コーナー型は、無駄にしがちな角の空間を有効活用できるうえ、コンパクトで省スペースにおさまることがメリット。ただ、テレビの向きが部屋の中心に向かって斜めになるため、真正面からの視聴はしづらいことが難点です。テレビ台のコーナー型にも、ハイタイプとローボードがあります。

伸縮式は角への配置や幅の変更可

伸縮タイプのテレビ台は、幅を広げたり狭めたり、コーナー型に形状を変えたりできます。部屋のレイアウト変更や、よく引っ越しをする場合に便利です。どんな部屋でも、柔軟に配置させられますよ。それに、大きさが違うテレビへと買い替えをしても、伸縮によるテレビ台のサイズ変更で、対応できる可能性が高いです。なお、伸縮式のテレビ台は、ハイタイプもありますが、ローボードが多くなります。

ハイタイプは3種類に分けられる

ハイタイプは、背が高いテレビ台を指し、3タイプに分けられます。1つ目は、ローボードより背が高いテレビ台の上に、テレビを載せるハイボードタイプです。2つ目が、テレビを置く高さ位置はローボードと同じで、テレビの上部にも収納棚を備えた、壁面収納のタイプになります。どちらも、大容量の収納を備えていることが特徴です。3つ目は、テレビを取り付ける位置が高いテレビスタンドで、これもハイタイプと呼ばれます。

壁面収納タイプはサイズに注意

テレビの上部やサイドに収納を備えた、壁面収納のハイタイプは、サイズがとても重要になります。テレビを置くスペースを空けて、そのまわりを収納棚や側板などで囲っている構造のため、置けるテレビのサイズが決まっているからです。テレビのサイズと照らし合わせて、よく確認してくださいね。購入時にはサイズの問題がなくても、大きなテレビへ買い替えた後で、置けなくなることがあります。その点も考慮しておきましょう。

テレビ台の選び方/物が収納できる棚について

収納の棚は用途にあわせて使う

テレビスタンドを除き、ほとんどのテレビ台には、物を収納できる棚を備えています。ローボード、伸縮式、コーナー型、ハイタイプのいずれもです。テレビ台の収納棚にも種類があり、大きく4つに分けられます。オープン棚、引き出し、扉付き、引き戸です。さらに、テレビ台ならではの、AV機器を収納する棚があります。それぞれの収納について、用途に適した使い方をしましょう。収納家具としても、上手に使いこなしてくださいね。

見える収納は飾れるオープン棚

「オープン棚」は、戸がないことから、見える収納になります。収納している物を外から確認でき、戸を開け閉めする手間がかかりません。なので、物の出し入れをスムーズにおこなえます。物を飾って、ディスプレイスペースにする用途もグッド。でも、収納物が外から見えないよう、隠したい場合には不向きです。また、ほこりがたまりやすいため、こまめな掃除が必要になります。収納している物が、落下しやすいことも難点です。

見せない収納の引き出しや扉付き

「引き出し、扉付き、引き戸」の3つは、収納した物を外から見せない、隠す収納です。テレビ台に何を収納しても、生活感を出さずにすむでしょう(ただ、透明なガラス戸の場合は、見える収納に該当します)。ほこりがたまりづらいことも利点です。デメリットは、外から中身を確認できないことと、戸を開け閉めする手間がかかること。さらに「引き出し、扉付き」の場合は、戸を開けるためのスペースが、手前側に必要となります。

AV機器を収納する棚の機能性

テレビ台は、AV機器の収納に適した棚を備えています。放熱や配線、リモコンの赤外線といった問題を、解決できる棚です。中には、より機能性の高い棚を有したテレビ台もあります。「電源タップやケーブルを背面側で収納できる」「中身が見えない戸を閉じたまま、リモコン操作ができる」「背面にコードスリットがあり、テレビ台を壁寄せできる」「棚板の高さ位置を変えられる」などです。最適なものを選べば、とっても快適に使えますよ。

テレビ台の選び方/フローリングへの傷を防止

保護剤でフローリングの傷を防止

テレビ台に加えて、テレビや収納物の重さをあわせると、相当な重量になります。この重圧によって、床に傷を付けてしまうことがあるため、対策をとりましょう。テレビ台と床が接する部分に、100均のキズ防止シールや、フェルトなどの保護材を挟む方法が簡単です。脚の底や、脚がなければ角の部分に挟んでください。ただし、ワックスが塗られたフローリングやクッションフロアの場合、ゴムを素材とした保護材はNGとなります。ゴムの色が床へ移り、床が変色してしまうためです。

【インテリアフェルト】
Amazon
楽天
Yahoo!

マットでも床への傷を防止できる

テレビ台と床の間に、じゅうたんなどマット類を敷くだけの方法でも、床への傷付きを防止できます。テレビや収納物をあわせた、テレビ台の重量が重くなるほど、厚みがあり重圧を吸収するマットを使ってください。見た目が悪くならないなら、保護材を組み合わせてもよいでしょう。なお、マットを敷いていると、テレビ台によっては、スライドするように移動させられる場合があります。

テレビ台の選び方/キャスターいらない?必要?

キャスターは床に傷を付けがち

ローボードや、背が低いコーナー型のテレビ台には、キャスターが付いているタイプもあります。簡単に移動できそうで便利に思えますが、注意が必要です。テレビ台の重圧は、キャスターのように床へ接する部分が小さいほど、凝縮されて強くかかるものです。そのため、フローリングなどの床へ直に置けば、傷が付きやすくなります。それに移動させると、その道筋に沿って傷が付きかねません。

フローリングが変色するゴム製

キャスターはいくつかの種類があって、ゴムを素材にしたタイプも存在します。ゴムは、フローリングやクッションフロアなどの床を、変色させる恐れがあると、上章で説明した通りです。なので、ゴム製のキャスターが付いているテレビ台は、床へ直に置かないようにしましょう。

キャスターによる傷と変色を防止

テレビ台のキャスターによる、床への傷付きと変色は、マット類を敷くことで防止できます。ただ、傷に関しては、防止できるだけの厚みと重圧の吸収性が、マットに必要です。また、キャスターストップで、床への傷を防げます。ですが、これも変色の問題から、ゴム製は使わないでくださいね(エラストマー樹脂製なら、色移りしづらいです)。それと、キャスターを固定するグッズなので、移動できなくなります。

【キャスターストップ】(※普通のゴム製はNG)
Amazon
楽天
Yahoo!

配線を巻き込みやすいキャスター

テレビ台は、テレビや周辺機器類の配線が多くあります。テレビ台を移動する時に、これらの配線は厄介です。配線の長さによって移動できる範囲が制限されるうえ、配線をテレビ台の下敷きにしてしまいかねません。特にキャスター付きの場合は、移動した時に配線を巻き込みやすく、断線の危険性が高くなります。移動のたびに、配線を外したり避けたりするのは大変です。配線が多いと、キャスター付きでも移動させることは少なくなります。

キャスターがなくても移動できる

レイアウトをひんぱんに変えたり、こまめに隅々まで掃除をしたりするなら、移動しやすそうなキャスター付きテレビ台を、選びたくなることでしょう。ですが、テレビ台のキャスターは、説明してきた通りあまり実用的ではないため、いらない場合がほとんどです。キャスターがなくても、マット類を敷いた上で「カグスベール」などのグッズを使うと、簡単に移動させられますよ。

【カグスベール】
Amazon
楽天
Yahoo!

テレビ台の選び方/色などインテリア性について

テレビ台はインテリアの影響が大

テレビ台は、ロータイプや背が低いコーナー型であっても、サイズ的に存在感があります。背が高いハイタイプは、なおさらです。それに、テレビを視聴する関係で、目を向けやすい場所への配置になります。このことから、テレビ台はもっとも目に入る家具といえるでしょう。そのため、インテリア性が大切です。部屋と素敵にマッチするデザインを選んでくださいね。

色だけでも印象が大きく変わる

色の違いで、テレビ台の見た目が大きく変わります。部屋の印象にも関わってくることです。部屋の全体を意識して、バランスよくおさまる色を選びましょう。壁や床といった、部屋の広い範囲にあたるカラーを選べば、まず失敗はしません。コーナー型はちょっと特殊な配置になるため、違和感が出ないよう、色合いをよくイメージしてくださいね。ハイタイプの場合は、ホワイトや明るめのカラーにすると、圧迫感をおさえられますよ。

テレビ台の選び方/レイアウトについて

設置する場所の広さを測っておく

まずは、テレビ台を置く場所を測り、広さを把握しておきましょう。テレビ台を購入したものの…「大きすぎて設置できない」または「もっと大きなサイズがよかった」なんてことになりかねません。コンパクトなコーナー型の場合も、配置する角のスペースを測っておくと安心です。それと、特に高めのハイタイプは、床から天井の高さも測ってください。ローボードでも、窓がある場所などに置くなら、高さを測る必要があります。

テレビが見やすい距離をふまえる

テレビは、視聴しやすい距離が、おおよそ決まっています。「4K→テレビ画面の高さ寸法×1.5」「フルHD→テレビ画面の高さ寸法×3」の数値が、視聴しやすい距離の目安です。例えば、テレビ画面の高さ寸法が60cmの場合、4Kなら90cmの距離、フルHDなら180cmの距離だけ、見る人から離れた場所にテレビがあると、視聴しやすくなります。テレビ台の配置は、レイアウト的なバランスのよさだけでなく、視聴しやすい距離もふまえましょう。

部屋全体のレイアウト変更も検討

テレビ台の配置で、考慮することはいくつもあります。人が通れる空間を空けたり、アンテナのテレビ用コンセントが近い場所を選んだり。さらに、引き出しや扉付き収納は、戸を開けるスペースが必要です。それと上記で説明した、テレビが視聴しやすい距離もふまえないといけません。現状でベストな配置が難しい場合は、部屋全体のレイアウト変更を検討してみてください。配置の自由度が高まり、最適な置き場所を確保できるはずです。

テレビの転倒を防止すると安心

地震はいつ襲ってくるか分かりません。小さな揺れでも、テレビが倒れる恐れは大いにあります。テレビは正面から倒れやすいので、高確率で画面が割れてしまうはずです。地震だけでなく、人がテレビ台にぶつかって、揺れが起こるなどしても倒れます。高価なテレビが壊れてしまったら、悲しすぎますよね。そのため、転倒を防止する用具で固定しておくと安心です。テレビの付属品を使うか、ない場合は専用のグッズを購入しましょう。

【テレビ転倒防止グッズ】
Amazon
楽天
Yahoo!

テレビ台の選び方/実践が難しいテレビの壁掛け

すっきりするテレビの壁掛け

最初の解説通り、テレビ台には、ローボード、コーナー型、ハイタイプ、伸縮式といった種類があります。これらのほかに、テレビを設置する方法が、壁掛けです。テレビを壁に掛けるので、テレビ台は不要。テレビ台の占有スペースや存在感がない分、部屋をすっきりとさせられます。しかも、素敵な映像を流せば、絵画のように見せられるでしょう。ただ、下記で説明しますが、デメリットがあることに加えて、簡単には実践できません。

壁掛けできる壁の構造が必要

テレビの壁掛けを実践するには、条件があります。壁の構造が、壁掛けに耐えられないと、壁が崩れてテレビが落下する恐れがあり危険です。壁掛けができる構造なのか、よく確認してくださいね。壁掛けできない場合は、工事によって対応させられますが、工事費に数十万円かかってしまいます。なお賃貸では、工事をしたくても、契約の問題で難しいでしょう。無事に壁掛けできても、配線の処理が厄介、移動させられない、などの難点があります。

壁掛け風なら簡単に実戦できる

実際にテレビを壁へ掛けるのではなく「壁掛け風」なら簡単に実践できます。それは、テレビスタンドを使う方法です。壁面と同じ色のテレビスタンドに、テレビを取り付けて壁沿いに置けば、壁掛けのように見えるでしょう。それとテレビスタンドは、コーナーにも置けますし、ロータイプとハイタイプがあります。さらに、高さ位置の調整が可能、収納棚付き、配線の処理が簡単、キャスター付きなど、機能性もさまざまです。

実用性ではテレビ台の方が好都合

テレビを壁掛けすると、テレビ台を設置する意味がなくなります。でもテレビ台は、周辺機器やいろいろな物を収納できる家具です。壁掛けの場合、周辺機器をどこへ収納するのかが、問題になるでしょう。しかも配線の関係から、周辺機器はテレビに近くないといけません。それにテレビの壁掛けは、画面が高い位置になりがちなので、視聴しづらくなってしまいます。実用性を考えるなら、テレビ台を設置する方が好都合です。

まとめ

テレビ台の選び方については、テレビを置く位置の高さや、幅のサイズが重要になります。説明したサイズ目安を参考にしてくださいね。それと、種類や収納、インテリア性に関しての理解も大切です。置き場所や用途に適したタイプを選びましょう。デメリットが強いキャスターは、いらない場合が多いです。また、フローリングの傷防止や、テレビが視聴しやすいレイアウトも、ふまえる必要があります。環境によっては、テレビを壁掛けにしてもよいですね。下記リンクの記事でご紹介しているお店なら、最適なテレビ台が見つかりますよ。

テレビ台/おしゃれで安いおすすめ店!ニトリやIKEAと無印の他も
テレビ台が、おしゃれで安い!おすすめの通販店をご紹介します。人気のかわいい白色や、北欧デザインも充実。小さめから大型のサイズがそろっているので、一人暮らしと家庭のどちらもOKです。ニトリや無印とIKEA以外のお店でも、おしゃれで安いテレビ台を見つけられますよ。
タイトルとURLをコピーしました