ダブルベッドのサイズ/フレームやマットレス付きが安い店!ニトリも

ダブルベッドのフレームやマットレス付きが安い!おすすめ通販店をご紹介します。ニトリ、無印、IKEAを含めた格安な10店です。おしゃれで安いダブルベッドがたくさんありますよ。でも先に、この大きさが最適なのか、十分な検討が必要です。配置できるお部屋の広さや、収納付きフレームといった種類、比較するべきほかのサイズ、掛け布団と寝具などについて解説しますので、参考にしてくださいね。

【目次】

ダブルベッドの安いフレームやマットレス付き

おしゃれで格安なフレームがおすすめ

人が寝る部分のマットレスと、それを支える土台のフレームを組み合わせたものがベッドです。寝心地のよさを求めるなら、マットレスの品質にこだわる必要があります。フレームに関しては、安いもので問題ない場合がほとんど。そのため自分に適したよいマットレスと、おしゃれで安いフレームを選ぶ方法がおすすめです。また、広いサイズほど快適に寝られますよ。

マットレス付きだとスムーズに決められる

費用や探す手間をあまりかけられない場合は、マットレス付きのフレームがよいでしょう。比較的リーズナブルなマットレス付きとなるセットが多いです。しかも別々に探さなくてすむため、スムーズに決められます。最高の寝心地を求めるマットレス選びはおこなえませんが、それほど重視していない人にとっては十分の品質です。

ニトリ・無印・IKEA以外にある格安の通販店

格安な家具を扱う有名店として挙げられるのは、ニトリ、無印、IKEAです。安いダブルベッドのフレームや、マットレス付きを探す場合も、ニトリ、無印、IKEAだけのチェックですませる人が多くいます。ですが満足のいくものを見つけるためには、もっと多くのお店をあわせて検討するべきです。後半より、おすすめの通販店を厳選してご紹介します。おしゃれで安い!自分にぴったりのダブルベッドに出会えるはずです。

サイズや特徴などを知ってから選ぶ

フレームやマットレス付きを探し始める前に、ダブルベッドの理解を深めておきましょう。ダブルではなく、ほかのサイズが適している場合もあります。そのことに、購入したあとで気づいて後悔する、といった事態を避けないといけません。ダブルベッドについて、以下から詳しく解説していきます。ほかサイズの詳細や選び方、レイアウトなどに関しては、下記リンクの記事をご覧ください。

いろいろな種類があるベッドのサイズ。選び方の重要なポイントは、それぞれの大きさを知ることです。体格や使用人数、レイアウトをふまえた、最適な選び方を解説します。横幅に加えて、長さと高さ位置についても参考にしてください。ベッドサイズの寸法も一覧表で比較できますよ。

ダブルベッドのサイズについて

ダブルベッドは2人用の最小サイズ

ダブルベッド(D)のサイズは、マットレスの横幅が【140cm】となります。普通体型の大人「2人用」で、2人用ベッドの最小サイズです。赤ちゃんであれば、大人ふたりと合計3人でぎりぎり一緒に寝られますが、危険なのでおすすめできません。ちなみにダブルなどサイズの種類は、マットレスの横幅で分けられています。縦の長さ(奥行き)は、どの種類でも「195cm」が一般的です。詳細は上記リンクの記事で確認できますよ。

シングル2つサイズではないダブルベッド

シングルベッド2つ分が、ダブルベッドではありません。これは名前のせいでよく間違われます。シングルベッド(S)のサイズは、マットレスの横幅が「97cm」です。2つの合計幅は「194cm」で、ダブルベッドの幅は「140cm」なので全然違いますよね。このダブルの意味は、2人用と考えられるでしょう。ただし、ダブルの呼称が含まれるセミダブルベッドは、実質的に1人用サイズとなります。

ふたりで寝ると狭く感じる幅の大きさ

ダブルベッドは2人用ですが、実際に大人ふたりが一緒に寝ると、普通体型でも狭く感じます。快適さを無視した2人用ということです。相手を気にせず寝返りを打ったり、手足を伸ばしたりすることが難しいサイズになります。狭くても気にしない2人ならよいものの、多くの人にとっては寝づらい大きさです。小柄な大人ふたりや、子供と大人であれば、特に問題なく寝られますよ。

1人用としてなら広々と使える横幅

ダブルベッドを1人用とする使い方もあります。1人なら寝相の悪い大柄な男性でも、広々と快適に寝られるサイズです。大きく動いても、体がはみ出したり下に落ちたりする心配がないため、安心して眠れるでしょう。高いランクのホテルでは、1人用にダブルベッドが用意されています。こういったホテルへはなかなか行けないもの。ですがダブルベッドを選べば、同様のリッチな気分をお家で毎日満喫できちゃいます。

ダブルベッドを置ける部屋の広さ

ダブルベッドは何畳の部屋に置けるのか

ダブルベッドを置ける部屋の広さは、状況により異なってきます。ベッドルームでは、ほかに家具や物を置かない場合「4.5畳」あれば大丈夫です。1Kを含むワンルームでは、家具と物が少ない場合でも「8畳」以上は必要になります。それと配置する場所には、余裕がないといけません。生活空間や移動スペースの邪魔になったり、大きな存在感によって居心地が悪くなったりするためです。

収納付きのダブルベッドで置き場所を作る

物が多くてダブルベットの配置が難しい場合は、収納付きのフレームを検討してみてください。収納家具の代わりとなり、ベッドの置き場所を確保できる可能性があります。ベッドの下部を引き出し収納にしているタイプが一般的です。収納が付いていないフレームでも、脚付きでベッド下にスペースが空いていれば、そこに収納ボックスをセットする方法で代用できますよ。

大容量の収納付きや跳ね上げ式もある

ダブルベッドの収納付きフレームは、大容量タイプもあります。たっぷりと物を収納できるので、本格的な収納家具として活用可能です。チェストベッドは、引き出し収納が2段以上になっていて、チェスト(タンス)のように使えます。マットレスが載る床板を上に跳ね上げられるフレームは、ベッドサイズの大きな収納ボックスといえるでしょう。

ローベッドで存在感を軽減できる

お部屋が狭いほど、ダブルベッドの存在感が目立ってきます。これは圧迫感へとつながり、狭くて落ち着かない空間になってしまいがち。ダブルサイズの大きさをキープしつつ、存在感を軽減するためには、ローベッドがおすすめです。ロー(低い)という通り、マットレスの高さ位置が低いベッドになります。床へ寝る状態に近づくことから、安心感を得られることも利点です。

最小限の大きさですむ脚付きマットレス

フレームの多くは、マットレスよりも大きくなります。フレームをあわせた外寸では、大きすぎて邪魔になったり、配置が難しかったりする場合もあるでしょう。それでもダブルサイズの広さを求めるなら、収納付きを活用してスペースを作るか、なるべくコンパクトなフレームを選ぶ必要があります。または、脚付きマットレスも選択肢のひとつです。外枠のフレームがなく、マットレスに脚が付いたシンプルなベッドになります。

購入や引っ越しした時の搬入に注意

ダブルベッドの大きさでは、お部屋へ運び込めるのか、搬入経路の確認が必要になります。購入時だけでなく、引っ越しの際も同様です。フレームは分解できれば問題なく運べます。でもマットレスは少し曲げられるぐらいです。エントランス、エレベーターや階段、玄関とドアなどのサイズをチェックしておきましょう。経路を通れない場合は、外から吊り上げて搬入する方法もあります。

ダブルベッドと比較しておきたいサイズ

セミダブルは一番大きな1人用の横幅

セミダブルベッド(SD)横幅「120cm」は、シングルとダブルの中間サイズです。ダブルベッドでも2人で寝ると狭いのに、もっと小さなセミダブルベッドになると、2人で寝るには厳しいものがあります。そのため、シングルベッドよりも大きな1人用という認識が一般的です。セミダブルベッドについての詳細は、下記リンク記事で確認できます。

セミダブルベッドは安いフレームが豊富。大きな1人用ですが、時々なら2人で寝てもよいでしょう。解説するサイズと特徴から、自分に適しているのかを判断してみてください。そしてニトリと無印を含め、フレームやマットレス付きがおしゃれで安い!おすすめ通販店をご紹介します。

ワイドダブルは大きめのダブルベッド

ワイドダブルベッド(WD)横幅「150cm〜155cm」は、もう少し大きめのダブルベッドが欲しいというニーズにあわせたサイズです。でも、ワイド○○というサイズは特殊な種類で、流通量が少ないためにフレームやマットレス付き、寝具などをなかなか見つけられません。それにいずれも高額になりがち。ダブルベッドより大きなサイズを求めるなら、主要サイズとしてワンランク大きいクイーンベッドがおすすめです。

クイーンベッドは快適に寝られる2人用

クイーンベッド(Q)横幅「160cm」は、普通体型の大人2人が快適に寝られるサイズです。さらに大きなサイズが、キングベッド(K)横幅「180cm」になります。狭いベッドで我慢していると、まともな睡眠がとれず心身に悪影響を及ぼしかねません。ダブルベッドが狭くて寝づらそうなら、クイーン以上の大きさを選んだ方がよいでしょう。スペース的に難しい場合は、ベッドを諦めて布団を敷く方法も検討してみてください。

シングル2台を並べる方法がもっとも快適

2人用ベッドとしてのおすすめは、シングルベッドを2台並べる方法です。フレームをのぞいたマットレスの合計幅は「194cm」で、ワイドキング(WK)に該当します。1台の広いベッドと同じように使えるだけでなく、シングル2つならではのメリットがいっぱい。スペースを確保できるのであれば、この方法がベストです。下記リンクの記事で詳しく解説しています。

ふたり用ベッドのおすすめは、シングルベッドを2つ並べるサイズです。小さな子供なら家族で寝られますよ。一般的にはダブル以上を1台ですませるでしょう。でもメリットが多いのはシングルベッド2つの方法です。サイズや部屋の広さ、注意点と隙間対策、寝具について解説します。

ダブルベッドの掛け布団や寝具について

安い値段で豊富にそろう掛け布団や寝具

ダブルベッドは広く普及しているサイズなので、寝具が豊富にそろっています。そのため実用性が高く、おしゃれで安いものを見つけやすいですよ。寝具とは、掛け布団とそのカバー、毛布やタオルケット、ベッドパッド、ベッドシーツなどを指します。特にパッドやシーツ、カバー類は、定期的に替えが必要になることから、商品数が多いと助かるでしょう。

寝具
Amazon
楽天
Yahoo!

掛け布団はクイーンサイズが実用的

ダブルベッドでは、掛け布団や毛布など、上に掛ける寝具のサイズ選びに迷います。ダブルサイズだと見た目のバランスはよいのですが、眠っている間に取り合いになることが多いです。2人用として実用的なのは、クイーンサイズになります。見た目も問題ありません。ただし、マットレスに対してワンランク大きなサイズのため、下に落ちやすいことがデメリットです。

シングルサイズの掛け布団を2枚使う方法も

クイーンサイズの掛け布団でも、人によっては取り合いになります。この場合、シングルサイズの掛け布団を2枚使う方法がおすすめです。でも難点があります。クイーンサイズ1枚よりも下に落ちやすく、違和感のある見た目になることです。とはいっても見た目に関しては、ベッドスプレッド(ベッドカバー)で掛け布団の上を覆ってしまえば、解決できますよ。

取り替えや洗濯が大変なダブルサイズの寝具

ベッドの寝具は、洗濯や取り替えが必要になります。衛生的にパッドやシーツ、カバー類はこまめに交換したいところです。この作業を簡単におこなえるサイズはシングルまで。ダブルサイズの大きさになると、それなりの負担を覚悟しないといけません。また、マットレスを長持ちさせるためには、一定の期間ごとに上下や表裏の位置変更が必要です。ダブルサイズの重さだと、1人では苦労します。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店①

【LIFULL】おしゃれモダンなダブルベッド

LIFULL(ライフル)】では、モダンなデザインのダブルベッドを扱っています。おもに脚付きのスタンダードなタイプです。シンプルなのでどんなお部屋にもあわせやすく、おしゃれなインテリアになってくれるでしょう。人気の北欧風や、アジアンテイストのローベッドもおすすめ。フレームのみか、マットレス付きを選べる安いベッドが多くありますよ。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店②

【neruco】種類が豊富で格安なダブルベッド

neruco(ネルコ)】は、さまざまな種類のダブルベッドを豊富に扱っています。ベッド専門店ならではの品ぞろえで、どれも格安です。収納付きフレームは1段の引き出しタイプから、大容量のチェストタイプと跳ね上げ式があります。湿気対策をおこなえるなら、すのこの床板下に引き出し収納を備えたものがおすすめです。実用的で安いマットレスと寝具も、たくさん取りそろえています。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店③

【unico】ナチュラルな木製のダブルベッド

unico(ウニコ)】のダブルベッドは、ナチュラルテイストの木製フレームが特徴的。高級感がありながらも安い価格です。洗練されたおしゃれなデザインは、雰囲気を問わずお部屋の印象を向上させてくれますよ。それに温かみを感じる木の風合いによって、リラックスした状態で眠れることでしょう。別売りの収納ボックスをセットできる種類もあります。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店④

【ジパング】マットレス付きで選ぶダブルベッド

ジパング.com】で扱うダブルベッドの多くは、フレームのみ、またはマットレス付きを選択可能です。マットレス付きは、各フレームに適したものが採用されています。値段も安いため満足できるセットです。別々に選ぶ手間を省けることも、マットレス付きの利点になります。また、すのこベッド、大容量の収納付き、ローベッド、脚付きマットレスと、種類も豊富です。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店⑤

【LOWYA】おしゃれで安いダブルベッド

LOWYA(ロウヤ)】のダブルベッドは、ひと通りの種類がそろっています。スタンダードなタイプから、ローベッド、すのこベッド、収納付きなどのフレームと、脚付きマットレスです。どれもシンプルなデザインですが、かっこいいおしゃれさを感じられます。素敵なインテリアとして役立ってくれるはず。安い値段も嬉しいポイントになります。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店⑥

【エアリゾーム】すのこや収納付きダブルベッド

エア・リゾームインテリア】では、2種類のダブルベッドが目を引きます。1つ目はすのこベッドです。格安なシンプルタイプと、グレードの高いヘッドボード付きがあります。どちらも脚の長さを調節可能です。2つ目は収納付きフレームになります。1段の引き出しタイプですが、収納量は多めです。全体的に安い価格のおしゃれなダブルベッドを扱っています。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店⑦

【アイリス】格安なすのこダブルベッド

アイリスオーヤマ】では、すのこダブルベッドが安い値段でおすすめ。ヘッドボード付きフレームでも、格安のものがあります。簡素な見た目ですが、レイアウトやインテリアの組み合わせしだいで、おしゃれに演出することが可能です。折りたたみ式すのこベッドは、マットレスではなく敷き布団を使います。ベッドの使用を諦めた場合など、グッドアイテムになってくれるでしょう。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店⑧

【ニトリ】目的にあったダブルベッドが見つかる

ニトリ】は、たくさんのダブルベッドをそろえています。スタンダードタイプはもちろん、パイプベッド、すのこベッド、収納付き、ローベッドやフロアベッドがあり、それぞれフレームのバリエーションが豊富です。ニトリは格安な家具量販店というイメージがある通り、安いダブルベッドを見つけられますよ。それとニトリでは、マットレスのラインナップも多いです。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店⑨

【IKEA】北欧デザインの格安ダブルベッド

IKEA(イケア)】は、北欧デザインのダブルベッドを扱っています。すっきりとしながらも特徴のあるフレームです。お部屋の雰囲気を盛り上げる、おしゃれなインテリアになってくれるでしょう。また、安い価格もIKEAの利点です。機能性を備えた種類には、収納付き、サイドテーブル付き、積み重ねられるスタッキングベッドがあります。

ダブルベッドのフレームが安いおすすめ通販店⑩

【無印良品】あわせやすいダブルベッド

無印良品】のダブルベッドは、無印らしいデザインをしています。無駄のないシンプルさのおかげで、どのテイストのお部屋でもあわせやすいですよ。それに余計な主張がないため、ダブルベッドの大きな存在感をおさえられます。フレームの種類は、すのこベッドと収納付きです。脚付きマットレスも人気。いずれも格安ではありませんが、比較的安い値段といえます。

まとめ

ダブルベッドは、狭いお部屋向けの2人用です。お互いが普通体型で特に寝相は悪くなく、きゅうくつでも我慢できるなら、問題なく寝られます。この条件にあわず、お部屋のスペースに余裕がある場合は、クイーンサイズ以上の大きさが適しているでしょう。おしゃれで安いフレームやマットレス付きを探す際には、ニトリ、無印、IKEAを含めてご紹介した、格安のおすすめ通販店をチェックしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする