キッチンDIY/棚やカウンターを簡単に!賃貸OKで100均も活用

キッチンのDIYで、難しそうなイメージがする、棚やカウンターの自作。実は簡単にできます。賃貸や古い家でも、設置が可能ですよ。キッチンの壁面や隙間を、収納に活用できる棚をはじめ、なにかと便利なカウンターとワゴンの作り方を解説します。100均グッズを使う、おしゃれな装飾の方法も参考にしてくださいね。上手にDIYをおこなうことで、狭くて作業をしづらいキッチンが、快適な空間になるはずです。
  1. 棚やカウンターをDIYして素敵なキッチンに
    1. 狭いキッチンをおしゃれに使いやすくする
    2. 賃貸や古い家のキッチンもDIYできる
    3. キッチンのDIYは簡単におこなえる
  2. キッチンの棚やカウンターをDIYする前に
    1. 収納する棚をDIYして整理整頓から始める
    2. 完成像をイメージして設計図を作る
    3. テーマを決めてキッチンの統一感を出す
  3. キッチンのDIY/棚の簡単な作り方
    1. 手を加えたカラーボックスを置くだけ
    2. 100均すのこで簡単に棚をDIYする
    3. 2×4材とディアウォールで本格的な棚
    4. しっかりとした食器棚は購入を検討する
  4. キッチンのDIY/壁面や隙間を収納に変える棚
    1. 広い壁面を大容量の収納にする棚
    2. 狭い壁面でも収納棚を設置できる
    3. 隙間に収納をDIYする簡単な方法
  5. キッチンのDIY/カウンター&収納棚の作り方
    1. 収納を兼ねたキッチンカウンターがあると便利
    2. カウンターはカラーボックスと木板で作れる
    3. キッチンカウンターの上や下に収納棚をDIY
    4. 機能性に優れたカウンターは購入を検討する
  6. キッチンのDIY/便利なワゴンの簡単な作り方
    1. 小回りのきくキッチンワゴンは使い勝手がよい
    2. キッチンワゴンは100均グッズでDIYできる
    3. キッチンワゴンは製品の購入がおすすめ
  7. 100均グッズでおしゃれなキッチンをDIY
    1. 100均グッズでおしゃれに装飾
    2. リメイクシートで見た目を大きく変える
    3. ウォールステッカーでアクセントを
    4. タイルシールはキッチンに最適
    5. 黒板グッズでキッチンをカフェ風に
    6. 取っ手を変えるだけで雰囲気が変わる
    7. 塗装しておしゃれなDIY感をアップさせる
    8. カーテンやボックスで隠す収納にする
    9. 観葉植物を置いて落ち着ける空間にする
  8. 棚やカウンターと装飾品で上手にキッチンDIY
    1. シンクやガスコンロ周りのDIYで作業を快適に
    2. 吊り戸棚やレンジフードをおしゃれに装飾
    3. キッチン家電の配置と装飾について
    4. ゴミ箱を隠す&上のスペースを収納棚にする
  9. まとめ

棚やカウンターをDIYして素敵なキッチンに

狭いキッチンをおしゃれに使いやすくする

物が多くて乱雑になりやすいキッチンは、広い作業スペースを確保できない場合がほとんど。それに、物がごちゃごちゃしていると、見た目の問題で居心地の悪い場所になってしまいます。これでは、料理全般の作業を楽しめないでしょう。DIYによって、満足のいく作業スペースを確保し、おしゃれで居心地のよいキッチンに変えられますよ。もとから狭いキッチンは、なおさらDIYをおこなうべきです。

賃貸や古い家のキッチンもDIYできる

賃貸では、建物への直接的な加工がNGのため、キッチンのDIYができない…と諦めがちです。ところが、この記事で解説する方法なら、建物を傷付けずにすむので、賃貸でもキッチンのDIYがおこなえます。また、古い家ということは関係なし。どのキッチンであっても、DIYだけで使い勝手と見た目を、大きく向上させられます。制約の多い賃貸のキッチンや、今の生活に適さない古い家のキッチンを、ベストな状態に変えましょう。

キッチンのDIYは簡単におこなえる

キッチンのDIYは大変な作業になる!と、身構えなくても大丈夫です。簡単なDIYで、快適なキッチンに仕上げられますよ。以下から解説していく、棚やカウンターとワゴンの自作、キッチンのおしゃれな装飾といったDIYは、初心者でもチャレンジできる内容です。加えて、材料はすぐ調達できますし、安い費用におさえられます。さらに、100均グッズを使う方法は、気軽に試せるはずです。

キッチンの棚やカウンターをDIYする前に

収納する棚をDIYして整理整頓から始める

さっそく、おしゃれなキッチンにしたいところですが、まずは収納を考えましょう。乱雑な状態で装飾をほどこしても、余計にゴチャついてしまいかねません。なので、物を収納して整理整頓するため、棚やカウンターとワゴンのDIYから始めます。収納内容によっては、棚またはカウンターのどちらかだけでOK。ただ、なんとなく棚やカウンターとワゴンをDIYし、適当に物を収納することは、整理整頓にならないためNGです。

完成像をイメージして設計図を作る

キッチンで使う、棚やカウンターとワゴンのDIY作業を始める前には、設計図を作る必要があります。サイズが正確であれば、大まかな内容で大丈夫です。まず、使いやすさや収納量、何をどこに収納するのかなどをふまえて、完成像をイメージします。イメージした図を紙に描いて、具体的な姿を視覚化していきましょう。あわせて設置場所の広さを測り、サイズを決めて書き込んでください。そして設計図の通りに、作業を進めていきます。

テーマを決めてキッチンの統一感を出す

キッチンのDIYをおこなううえで、テーマを決めておくことも重要です。使いやすさに特化、おしゃれさ重視、両方の組み合わせなど、目的の方向性を定めましょう。いずれにせよ、どういった雰囲気のキッチンに仕上げるのか、はっきりさせておきます。統一感がないと、これまたゴチャついた印象になってしまうためです。特に好みのテイストがない場合は、北欧風やナチュラル系がおすすめ。すっきりとしたキッチンになりますよ。

キッチンのDIY/棚の簡単な作り方

手を加えたカラーボックスを置くだけ

とにかく簡単に収納棚をDIYしたいなら、カラーボックスがおすすめ。キッチンの空きスペースに、置くだけです。でも、さすがにそのままの状態では、味気ないですよね。なので、キッチンに適した収納棚となるよう、カラーボックスに手を加えましょう。基本的には、後半で解説する装飾のDIYをほどこして、目的の雰囲気に変えていきます。収納ボックスを入れて引き出し収納にするなど、アレンジもおすすめです。

100均すのこで簡単に棚をDIYする

100均グッズでも、キッチンの棚をDIYできます。よく使われる100均グッズが「すのこ」です。「すのこ」2枚を、裏側が向き合うように立てて、側板にします。この「すのこ」の裏側にある“ゲタ”という細長いパーツの上に、棚板となる別の「すのこ」を載せて、小さなミニビス(ネジ)や接着剤で、固定すれば完成です。側板の天地の“ゲタ”からハミ出ている、表側の木材をカットすれば、コンパクトになるうえ、安定性がアップします。

2×4材とディアウォールで本格的な棚

本格的なキッチンの棚を、自由なサイズで簡単にDIYするなら、2×4材とディアウォールを使う方法がよいでしょう。2×4材は、厚みと幅のサイズが定まっており、扱いやすくて安い価格の木材です。ディアウォールは、2×4材を柱にするためのアイテムになります。ディアウォールと似た商品のラブリコもおすすめです。2×4材とディアウォールやラブリコの詳細、これらを使う棚の作り方は、下記リンクの記事で解説しています。

DIY【棚の作り方】基本編/2×4材で簡単!キッチンや壁に収納を
DIYによる棚の作り方を解説します。2×4材を使う、簡単な基本の作り方です。壁面やキッチンのような狭い場所へ、棚を簡単に設置できます。まわりを傷付けずに、DIYできることもポイント。2×4材とディアウォールの詳細、必要な道具など基本の内容も参考にしてください。

しっかりとした食器棚は購入を検討する

カラーボックス、100均すのこ、2×4材&ディアウォールと、上記の方法でDIYするキッチンの棚は、シンプルな構造です。装飾しておしゃれにしたり、アイデアを活かして使いやすくしたりできます。でも、戸や扉と引き出し収納や、キッチン家電の専用の置き場所といった機能性を備え、強度が高くてしっかりとした棚を求める場合は、購入した方が早いです。食器棚やレンジ台の詳細と、おすすめの通販店は、下記リンクの記事で確認できますよ。

食器棚/安いおしゃれなおすすめ8店!ニトリやIKEAと無印の他も
安いおしゃれな食器棚を扱う店で、思い浮かぶのはニトリやIKEAと無印ですよね。でも、おすすめ店は他にもあります。食器棚が安いうえにおしゃれな通販店をまとめました。引き戸などの収納、一人暮らしに適したスリム型、ロータイプほか種類を含め、選び方の解説もしています。
レンジ台/安いおしゃれな8店!IKEA・ニトリ・無印よりおすすめ
安いおしゃれなレンジ台の販売店は、IKEA、ニトリ、無印だけではありません。他店でもスリムなラックや食器棚タイプを見つけられますよ。ロータイプやキャスター付き、ゴミ箱上を活用するものなど種類はさまざま。安いおしゃれなレンジ台を扱うおすすめ通販店をご紹介します。

キッチンのDIY/壁面や隙間を収納に変える棚

広い壁面を大容量の収納にする棚

キッチンが狭くて、棚をDIYしても置けない…という場合が多々あります。それなら、壁面の広いスペースを収納に活用しましょう。壁面に沿って、薄型の棚をDIYするわけです。キッチンの壁面へ収納をDIYするには、2×4材とディアウォールがうってつけ。キッチンの壁の全面を、収納にすることも可能です。あまり場所を取らずに、大容量の収納棚を作れますよ。詳しいDIY方法は、上の章に掲載しているリンク記事をご覧ください。

狭い壁面でも収納棚を設置できる

シンクやガスコンロ周りなどの狭い壁面も、収納に活用できます。こういったキッチンの狭い壁面においても、2×4材とディアウォールで、DIYする方法がおすすめです。もっと簡単にDIYしたいなら、100均グッズがよいでしょう。すのこ、ワイヤーネット、有効ボードといった、ボード類のグッズを壁に固定し、フックやラックを組み合わせるだけです。フックには物を引っ掛けられて、ラックは物を収納できます。

隙間に収納をDIYする簡単な方法

狭いキッチンは特に、ちょっとした隙間も、無駄にしたくはないですよね。なので、収納に活用しちゃいましょう。そしてここでも、2×4材とディアウォールが登場です。棚をDIYするためには、基本的に2×4材の柱を2本以上設置しますが、狭い隙間の場合は1本の柱を立てます。その1本の柱に、フックやラックを取り付けると、隙間の収納ができあがりです。棚受けと棚板を取り付ける方法は、柱が1本だと安定性に欠けます。

キッチンのDIY/カウンター&収納棚の作り方

収納を兼ねたキッチンカウンターがあると便利

キッチンカウンターがあると、キッチンの可能性が広がります。まず、間仕切りや対面式になるという、空間的な効果です。それから、作業台やテーブルとしても使えます。さらに、収納を備えていれば、スペースを無駄にしません。備え付けのキッチンカウンターではなく、あとから置くタイプの場合は、収納棚の役割も兼ねていることを、ふまえてください。そうすると、置き場所を確保しやすいはずです。

カウンターはカラーボックスと木板で作れる

備え付けと同じタイプのキッチンカウンターを、DIYすることは難しいです。そのため、キッチンカウンターとして使える収納棚をDIYしましょう。作り方は、カラーボックスを使うと簡単です。カラーボックス2台以上を並べて、脚(台)とします。そのカラーボックスの上に、天板となる木板を載せれば完成です。天板が動かないようにするなら、固定してください。脚代わりのカラーボックスは、収納棚として使えます。

キッチンカウンターの上や下に収納棚をDIY

備え付けのキッチンカウンターは、天板の上や下に、収納棚を設置できます。何度もご紹介してきた、2×4材とディアウォールを使うDIYが簡単です。キッチンカウンターの天板をあまり利用しない場合は、上に幅広の棚を設置して、大容量の収納に活用するとよいでしょう。キッチンカウンター下も収納をDIYすれば、便利に使えますよ。低い場所になるので、子供が手に取りやすい絵本棚などがおすすめです。

機能性に優れたカウンターは購入を検討する

あとから置くタイプのキッチンカウンターは、スペースの都合もあり、収納棚として大いに活用したいところです。カラーボックスでDIYしたキッチンカウンターも、収納量に関しては満足できます。でも、キッチンに最適な機能を備えたカウンターが欲しいなら、購入を検討してみてください。下記リンクの記事では、おしゃれで安いキッチンカウンターを扱う、おすすめの通販店をご紹介しています。

キッチンカウンターの収納でおしゃれに!ニトリやIKEA含む安い店
キッチンカウンターの収納によって、おしゃれなインテリアづくりをおこなえます。収納棚や天板を上手に活用しましょう。備え付けではない、後から置くキッチンカウンターの詳細と、選び方を解説します。ニトリやIKEAを含め、おしゃれで安い通販店の紹介も参考にしてください。

キッチンのDIY/便利なワゴンの簡単な作り方

小回りのきくキッチンワゴンは使い勝手がよい

説明の通り、キッチンワゴンは簡単にDIYできます。でも、キッチンでがっつり利用する場合は、製品の購入がおすすめです。さまざまな用途で使うため、オールマイティーな使いやすさが重要になります。しかも、こまめに移動させるので、耐久性が大切です。それに製品は、通気性に優れたタイプがありますし、サイズのバリエーションも多いので、用途を増やせるでしょう。キッチンワゴンの詳細と、通販店については、下記リンクの記事をご覧ください。

キッチンワゴンは100均グッズでDIYできる

キッチンワゴンも、簡単にDIYできます。作り方は、カラーボックスの底に、キャスターを取り付けるだけです。ほかにも、100均すのこでDIYした棚や、収納ボックスを何個か積んで固定しただけの棚に、キャスターを取り付けることで、キッチンワゴンとして使えるようになります。小型のキッチンワゴンなら、キャスターを含めて、100均グッズだけでDIYが可能ですよ。

キッチンワゴンは製品の購入がおすすめ

説明の通り、キッチンワゴンは簡単にDIYできます。でも、キッチンでがっつり利用するのであれば、製品の購入がおすすめです。さまざまな用途で使うことと、こまめに移動させるため、オールマイティーな使いやすさと、耐久性が重要になります。それに製品は、通気性に優れたタイプがありますし、サイズのバリエーションも多いので、用途を増やせるでしょう。キッチンワゴンの詳細と、通販店については、下記リンクの記事をご覧ください。

キッチンワゴン/スリム&おしゃれで安い!ニトリやIKEAと無印も
キッチンワゴンは、スリム&おしゃれで安いものがおすすめ。ニトリやIKEAと無印だけでなく、厳選した通販店をご紹介します。先に、収納や作業台に関する内容と、使い方や選び方を解説するので、参考にしてください。スリム&おしゃれで安いキッチンワゴンを見つけられますよ。

100均グッズでおしゃれなキッチンをDIY

100均グッズでおしゃれに装飾

棚やカウンターを設置し、収納と整理整頓の問題が片付いたあとは、DIYでキッチンをおしゃれに装飾しましょう。装飾のDIYは、100均グッズで簡単におこなえます。100均グッズだけでも、キッチン全体の見た目をガラッと変えたり、部分的に手を加えて雰囲気を向上させたりと、いろいろなパターンでのDIYが可能です。代表的な方法を下記より解説するので、参考にしてみてくださいね。

リメイクシートで見た目を大きく変える

リメイクシートは、大きいシールのようなグッズです。貼るだけでなく、はがせることもポイントになります。木板、レンガ、大理石など、リアルな柄の種類が豊富です。広い面積に貼れるため、キッチンの見た目を大きく変えられますよ。ですが、うまく剥がせないこともあるので、注意してください。賃貸の場合は、原状回復ができないと困る壁面よりも、棚やキッチンカウンターと、冷蔵庫などに貼った方がよいでしょう。

ウォールステッカーでアクセントを

ウォールステッカーは、壁に貼るステッカーです。リメイクシートは全面的に貼るものですが、ウォールステッカーは部分的に貼ります。リメイクシートほど、キッチンの見た目を大きくは変えられないものの、雰囲気作りのアクセントにおすすめです。はがせますが、貼り跡が残る場合もあります。でも、貼る範囲が狭ければ、キレイに後処理しやすいです。壁面のほか、棚やキッチンカウンター、冷蔵庫などにも貼れますよ。

タイルシールはキッチンに最適

キッチンのような水回りに、適した素材がタイルです。水や油をはじいて掃除がしやすくなることから、清潔感を演出できます。涼しげな雰囲気もよいですね。100均には、タイル柄のグッズが、いろいろと販売されています。おすすめは、タイルシールです。複数のタイルが1枚のシート状になっていて、キッチンの壁面に貼るだけ。ただ、ほかのシール系グッズと同様に、はがしづらい場合があるので、それをふまえて使用してくださいね。

黒板グッズでキッチンをカフェ風に

憧れの、おしゃれなカフェ風キッチン。100均の黒板グッズを使うDIYで、キッチンをカフェ風へと簡単に変えられます。小型のミニ黒板は、ちょっとした空きスペースに置けるグッズです。黒板シートは、壁面のほか、棚やキッチンカウンター、冷蔵庫などに貼れます。黒板ペイントは、塗装した部分が、黒板として使えるようになる塗料です。チョークで文字や絵柄を描いて、カフェ風の気分を盛り上げましょう。

取っ手を変えるだけで雰囲気が変わる

棚の戸や扉、引き出し収納には、取っ手が付いています。この取っ手を変えるだけのDIYでも、キッチンの雰囲気は変わってくるものです。棚やキッチンカウンターを、軽くイメチェンしたい時にもおすすめ。そして100均には、さまざまなデザインの取っ手が販売されています。全体的な統一感を意識しながら、最適な取っ手を探してみてください。裏側からネジで固定すればよいため、取り外しと取り付けは簡単です。

塗装しておしゃれなDIY感をアップさせる

装飾のDIYといえば、塗装ですよね。塗料も100均で購入できます。安いことから量は少ないものの、使い切りやすいので、お試しにおすすめです。木材の場合は、注意点としてペイント前に、塗装する表面を紙ヤスリで研磨する必要があります。紙ヤスリと、研磨がラクになるハンドサンダーというアイテム、それとハケやトレイなどの塗装用品も、100均でそろえることが可能です。塗装によって、おしゃれなDIY感を表現できます。

カーテンやボックスで隠す収納にする

キッチンの棚やカウンターに、戸や扉と引き出しが備わっていなければ、必然的に見せる収納となります。棚の収納内容によっては、隠す収納にしたい場合もあるでしょう。戸や扉と引き出しのDIYをせず、隠す収納にする簡単な方法があります。必要になるのは、100均の突っ張り棒とカーテンです。隠したい棚の内側の上部に、カーテンを掛けた突っ張り棒を伸ばして完成。また、収納ボックスを棚に置くだけで、引き出し収納になります。

観葉植物を置いて落ち着ける空間にする

キッチンは水回りの場所ということもあって、グリーンがよくマッチします。植物のことですね。グリーンを飾ると、落ち着ける要素がキッチンに加わります。100均の植物は、かわいいサイズで飾りやすいですよ。サボテン、多肉植物、エアープランツなど、いろいろな観葉植物が販売されています。簡単にグリーンを加えたい場合は、フェイクグリーンがおすすめです。フェイク=ニセ物、つまり人工物で、水やりなどのお世話が必要ありません。

棚やカウンターと装飾品で上手にキッチンDIY

シンクやガスコンロ周りのDIYで作業を快適に

シンクやガスコンロ周りは、こまごまとした物が多くあります。それに、キッチンの中でも狭いスペースのため、大きな収納棚は置けません。なので、壁面に棚をDIYして、上手に収納しましょう。シンクやガスコンロ周りは、壁との距離が近いことから、壁面に収納している物が、手に取りやすくなります。これは、調理器具や調味料などの収納に最適です。調理の作業を、スムーズに進められるようになりますよ。

吊り戸棚やレンジフードをおしゃれに装飾

キッチンの上部にある、吊り戸棚やレンジフード。これらまで手を加えないことは多いのですが、装飾のDIYをほどこすことで、キッチンの雰囲気作りをレベルアップさせられます。DIYの方法は簡単で、吊り戸棚やレンジフードに、リメイクシートまたはウォールステッカーを貼るだけです。ただし、先に説明した通り、キレイにはがせない場合があるため、注意してください。特に、長い期間で貼り続けていると、はがしづらくなります。

キッチン家電の配置と装飾について

キッチン家電は、電気の供給が必要です。なので、コンセントの位置を考慮しないといけません。それに、コードの問題もあります。コンセントの近くへ、まとめるように置くとよいでしょう。また、キッチン家電は重さがあります。その重さに耐えられる棚やキッチンカウンターに、載せてくださいね。装飾については、冷蔵庫の加工がおすすめです。リメイクシートや黒板シート、ウォールステッカーで簡単にDIYできますよ。

ゴミ箱を隠す&上のスペースを収納棚にする

ゴミ箱の存在を隠した方が、キッチンのおしゃれ度はアップします。それと、ゴミ箱の上のスペースが空いたままだと、もったいないですよね。ゴミ箱を隠して、上のスペースを収納にする方法があります。まず、ゴミ箱の上に設置できる棚を、用意してください。そして、ゴミ箱の上の棚板あたりにカーテンを掛けて、下のゴミ箱を隠すという手順になります。場所に余裕があるなら、ゴミ箱を収納できる棚やカウンターの購入もおすすめです。

まとめ

キッチンで使う棚やカウンターは、簡単にDIYできます。キッチンのスペースと、自分の使い方に適した、棚やカウンターをDIYしましょう。上手な収納ができるようになって、使いやすいキッチンへと変えられます。賃貸や古い家でもOK。壁面と隙間の活用も重要です。また、おしゃれなキッチンのDIYは、100均グッズでおこなえます。統一感をふまえつつ、いろいろなグッズを試し、満足のいくキッチンに仕上げてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました