ロフトベッドのおすすめメーカー/ニトリやIKEA含む安い通販6選

ロフトベッドのおすすめメーカー・通販店を、ニトリやIKEA含めてご紹介します。ベッド下のスペースをいろいろな用途で活用できるロフトベッド。買ったあとで後悔しないために、解説するデメリットや選び方を参考にしてくださいね。おすすめのメーカーなら、おしゃれで安い!自分にぴったりのロフトベッドを見つけられるはずです。木製や階段式、ハイタイプからミドルにロータイプ、セミダブルなど種類もそろっていますよ。

【目次】

ロフトベッドはおすすめの安いメーカーで

ロフトベッドはニトリやIKEA以外がおすすめ

安いロフトベッドを探す場合、ニトリやIKEA、Amazonと楽天など、有名どころのチェックですませてしまいがち。ですがロフトベッドのおすすめメーカー・通販店は、ほかにもあります。おしゃれで安いことはもちろん、種類も豊富です。後半からニトリやIKEAを含めてご紹介するので、比較してみてください。子供用と大人用のどちらも探せます。

ロフトベッドのメリットとデメリットを知る

ロフトベッドを買うと決める前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。スペースを有効活用できることから、狭いお部屋の救世主的な家具だと思われやすいロフトベッド。ですが多くのデメリットを持ちます。おもなデメリットを14個の内容にまとめたので確認してくださいね。それでもメリットの恩恵の方が大きいと判断できる場合に、ロフトベッドをおすすめできます。

ロフトベッドの種類を理解して選ぶ

ロフトベッドは、いくつかの種類があります。シングルやセミダブルのサイズ、ハイタイプ・ミドルタイプ・ロータイプといった背の高さ、ベッドの上り下り手段となる はしごと階段、木製またはパイプ製、便利な宮(棚)付き、机と収納が付いたシステムベッドなどです。あとから簡単に解説するそれぞれの特徴を理解して、自分に最適なロフトベッドを選びましょう。

ロフトベッドをおすすめする大きなメリット

はしごや階段で寝床へ上がるロフトベッド

お部屋の中で無駄にしているスペースは、人の頭上と天井の間に生まれる空間です。人の頭上も活用できるようにした場所が、屋根裏部屋という意味のロフトになります。ロフトベッドは、ロフトの上にベッドがあるような構造で、はしごや階段を使って上がる仕組みです。また、ロフトはあらかじめ施工されていなければ、新しく作り出すことは難しいもの。でもロフトベッドなら設置するだけで、擬似的にロフトができあがります。

ロフトベッドの下はいろいろと活用できる

ロフトベッドのメリットは、ベッド下の空間をいろいろな用途に活用できることです。複数の収納家具を置いて大容量の収納場所を作ったり、ハンガーを吊るしてクローゼットにしたり、テレビを台ごと配置したりできます。ベッドの位置が高いハイタイプは、ベッド下を生活スペースにしてもよいでしょう。ソファーを置けばくつろげる場所になりますし、机とイスを置くことで作業場所として使えます。

生活感をなくしておしゃれな部屋に

物が散らかっていると生活感がでて、おしゃれなお部屋になりません。収納家具を置けない狭いお部屋の場合、どうしても物が散乱してしまいがちです。ロフトベッドならベッド下に物をたくさん収納できるので、すっきりと片付けられます。そしてベッド下をカーテンで隠してもよいでしょう。生活感を消しておしゃれなお部屋に仕上げられますよ。ベッドと寝具が目につかない高い位置にあることも、生活感をなくせるポイントです。

ロフトベッドをおすすめしない14のデメリット

①大きなサイズと圧迫感で部屋が狭くなる

ロフトベッドはとても大きな家具です。ロフトを作り出す構造により背が高いため、圧迫感があります。面積としては、普通のベッドより少し広いスペースを取るだけです。でも背が高いことで、普通のベッドを置いた場合に比べ、お部屋がすごく狭くなったように感じます。物をたくさん収納できても、お部屋は狭い印象になるわけです。もとから狭いお部屋ほど、そしてロフトベッドの背が高いほど、圧迫感が増していきます。

②体と天井が近くてリラックスできない

ロフトベッドは、ベッドが高い位置にあるので天井が近くなります。背の高いハイタイプは、ベッドと天井の間のスペースに余裕を確保しづらいです。天井スレスレだと押しつぶされるような感覚になって、落ち着いた気分で寝られません。かがんでの出入りや、体を起こした際に天井へ頭をぶつけるなど、実際にきゅうくつな寝床となってしまいます。ベッドに座った時、頭が天井に付かない余裕があれば、特に不便はないでしょう。

③ロフトベッドから落ちると危険

寝相が悪かったり、寝ぼけて行動したりすると、ベッドから落ちる可能性があります。普通のベッドから落ちるぐらいでは、負傷するほどのダメージを受けずにすむでしょう。でもロフトベッドは高い場所で寝ているため、落ちたらとても危険です。そのためサイドガード(ベッドの側面に立たせる落下防止の柵)を付けていますが、越えないように気をつけてください。なお、落下の不安を抱えていると、リラックスできなくなります。

④はしごや階段の上り下りが厄介になる

ロフトベッドは、はしごや階段を使わないとベッドに出入りできません。寝る時と起床後はもちろん、ベッドに入ったあとでトイレへ行く際や、物や布団が落ちて拾う時にも、はしごや階段を上り下りする必要があります。そのうちベッドへの出入りが厄介になってくるでしょう。疲れた時、酔った時、病気やケガをした時などは、ベッドまでたどり着けず、床で寝るハメになりがちです。

⑤気軽にロフトベッドの上でくつろげない

気軽にベッドを利用できないことも、ロフトベッドのデメリットになります。はしごや階段の上り下りが必要になるためです。これは「寝る時と起きている時で、生活の区別がはっきりする」というメリットにもなってくれます。ただ、ソファのように腰を掛けたり、部屋に入ってすぐ寝転んだりなど、くつろぐ使い方はあきらめてください。ソファを置けば、くつろげる場所を作れますよ。

⑥あまり寝心地のよさにこだわれない

ロフトベッドは、薄いマットレスまたは敷布団しか使えないので、あまり寝心地のよさにこだわれません。分厚いマットレスだと、サイドガード(ベッドの側面に立たせる落下防止の柵)よりも上に体や布団が位置してしまい、落下の恐れがあるからです。多くのロフトベッドは、使えるマットレスや敷布団の厚さを「10cm以内」としています。ですが対応の厚さは商品によって異なるため、商品情報を確認してくださいね。

⑦夏場はとても暑くなるので対策が必要

空気は、冷たいと下、暖かいと上にいく性質があります。ロフトベッドは、室温が上昇しやすいお部屋の上部で寝ることになるため、冬は暖かく過ごせるものの、夏は暑いです。ただでさえ暑苦しい夏に、より暑さが増す場所で寝るのはつらいですよね。エアコンを使っても暑い場合は、下から自分に向かって扇風機の風を送りましょう。風で涼むわけではなく、空気を循環させてベッドまわりの室温を下げる対策になります。

⑧ロフトベッドが揺れたりきしんだりする

よほどがっちりとしたロフトベッドでなければ、普通に使っていても揺れます。揺れる時はおもに、はしごや階段で上り下りする際や、寝返りを打った時です。慣れるまでは怖い思いをするかもしれません。それと揺れが大きくなったと感じたら、ネジなど接続パーツがゆるんでいないか確認をしてください。また、パイプ製は揺れに加えて、きしむ音も発生します。

⑨セミダブルまでの一人用でしか使えない

ロフトベッドは一人用になります。構造上、重さに耐えられる強度があまり高くないためです。なのでサイズのバリエーションは、大きめの1人用であるセミダブル以内まで。強度と広さの問題から、カップルや夫婦の2人が一緒に寝ることは難しいです。頭上のスペースを広く活用したいと思っても、ダブル以上のサイズは、限られたメーカーで高額を支払ってオーダーメイドするしかありません。

⑩部屋やベッド下が暗くならない配慮が必要

窓からの日差しや照明の光は、背が高く大きなロフトベッドによって、さえぎられてしまいます。お部屋が暗くならないように、なるべく光をさえぎらない場所へ配置しましょう。ベッド下は特に暗くなるので、光が入る向きに配置してくださいね。ベッド下を収納スペースにしている場合でも、ある程度の明るさがないと収納物の識別は困難です。机またはソファーを置いて生活空間にするなら、ライトの設置が必要になります。

⑪ほこりがたちやすくベッド下は汚れやすい

布団などの寝具を高い場所で使うロフトベッドは、お部屋のさまざまな場所に、ほこりが積もりやすくなります。寝具から出るほこりを、高い場所からまき散らすことが原因です。それと多くのロフトベッドの床板(マットレスや敷布団を載せる部分)は、通気性をよくするために、すのこ状またはメッシュ状になっています。ベッドで発生するゴミなどが、すのこやメッシュの隙間から落ちてくるので、ベッド下が生活空間の場合は気になるでしょう。

⑫寝具の交換などベッドのお手入れが大変

ロフトベッドは、ベッドのお手入れに手間がかかります。はしごや階段を使うことと、天井近くの狭い空間で作業をおこなうためです。落下の危険も念頭においてください。お手入れ内容は、カバーやシーツ、パッド類の交換や、ベッド上の掃除、敷布団やマットレスを下ろして干すなどです。なお、すのこやメッシュの床板であれば、ベッド下の空間が広いこともあわせて通気性がよいので、マットレスをこまめに干す必要はありません。

⑬ロフトベッドは組み立てが難しい

ロフトベッドを購入後、ほとんどの場合は自分で組み立てることになります。どの家具よりも大きいので、組み立てが大変。ベッドが高い位置にある構造も、組み立ての難しさをアップさせています。それにちゃんと組み立てないと、強度に問題がでて危険です。できれば2人以上での作業がよいでしょう。購入したメーカーで組み立てサービスをおこなっているなら、有料でも依頼することをおすすめします。

⑭地震が発生した際の対策を考えておく

ロフトベッドを利用するうえで、心配になる問題が地震です。建物が倒壊するほどの地震でなければ、ロフトベッドが転倒することはないでしょう。ですが多少の地震でも、ベッドが大きく揺れて怖い思いをするはずです。そして揺れている間に下へ降りようとすると、はしごや階段から落ちてしまいかねません。なので揺れがおさまるまで、ベッドの上で待機するしかないです。災害時の状況をイメージし、対策を考えておく必要があります。

ロフトベッドで後悔しないおすすめの選び方

ハイタイプ・ミドル・ロータイプの高さ種類

ロフトベッドは、背が高いハイタイプ、背が低いロータイプ、中間のミドルタイプがあります。何cmが何タイプ、といった厳密な決まりはないです。どの種類がよいのかは、ロフトベッドの用途で変わってきます。ベッド下を広く使いたいから、ハイタイプにするなどですね。先にロフトベッドの使い方をしっかり決めて選びましょう。用途が変わるかもしれない場合は、背の高さを切り替えられる種類がおすすめです。

ロータイプはデメリットを軽減できる

ロフトベッドのデメリットは、先に解説した通りたくさんあります。でもロータイプであれば、ベッド下の空間は狭くなるものの、多くのデメリットを軽減可能です。ロータイプはハイタイプに比べて、圧迫感がない、天井が遠い、落ちても危険性が低い、はしごや階段の移動距離が減る、室温が上がらない、お部屋の光をさえぎらない、お手入れが楽、地震がおきても逃げやすいなどの利点があります。ミドルは中途半端になりやすいです。

ロフトベッドの大きさと部屋の広さを確認

ロフトベッドをどこに配置するのか考えましょう。窓と照明、ドアやほかの家具、エアコンの位置などとの兼ね合いを考慮してくださいね。そして決めた場所に、問題なく配置できるのかが重要です。ロフトベッドの寸法をチェックし、置き場所の広さを実際に測って照らし合わせます。縦横だけでなく、高さの確認も忘れずに。それとロフトベッドの寝床サイズは、セミダブルまでです。下記リンクの記事で、寝床サイズの詳細を解説しています。

いろいろな種類があるベッドのサイズ。選び方の重要なポイントは、それぞれの大きさを知ることです。体格や使用人数、レイアウトをふまえた、最適な選び方を解説します。横幅に加えて、長さと高さ位置についても参考にしてください。ベッドサイズの寸法も一覧表で比較できますよ。

はしごか階段がベッドの上り下り手段

ロフトベッドのベッドに上り下りする手段は、はしごか階段のいずれかです。はしごと階段のそれぞれに、下記のようなメリットとデメリットがあります。設置場所のスペースと予算に問題がなければ、階段がおすすめです。階段にすることで、ロフトベッド全体のデメリットをいくつか軽減できますよ。

はしごのメリット
価格が安い。省スペースですむ。
はしごのデメリット
上り下りしづらい。踏み外す危険性がある。足の裏が痛くなる。はしごが転倒して、ベッドから降りれなくなる場合がある。
階段のメリット
上り下りしやすい。踏み外す危険性が少ない。階段自体が安定している。ロフトベッド全体が安定する。階段が収納棚になっているタイプもある。
階段のデメリット
価格が高くなる。階段分のスペースが加わって場所を取る。

ロフトベッドのおもな素材は木製かパイプ製

ロフトベッドの素材は一般的に、木製とスチール製パイプの2種類です。木製とパイプ製の違いで、メリットとデメリットや、インテリア性が変わります。総合的にみておすすめは木製になりますが、下記の内容を確認のうえで、自分にとってどちらがよいか判断してみてくださいね。

パイプ製のメリット
価格が安い。組み立てやすい。すっきりとした印象で圧迫感が少ない。
パイプ製のデメリット
揺れが大きい。きしむ音がする。室温にあわせてパイプの温度が変化する。
パイプ製のインテリア性
無機質でシンプル。クール。モダン。インダストリアル。
木製のメリット
安定していて揺れづらい。きしむ音が少ない。木の温度が室温の変化に左右されない。
木製のデメリット
価格が高くなる。組み立てが大変。どっしりとした印象で存在感が大きい。
木製のインテリア性
温かみがある。かわいい。ナチュラル。カントリー。

宮棚や机と収納付きなど機能性タイプは便利

いろいろな機能を備えたロフトベッドは、便利で快適に使えます。スマホや飲み物など小物をベッド上に置いておくなら、棚付きがおすすめです。ベッドの枕もとにある棚は“宮棚(宮)”といいます。宮棚にコンセントが付いていれば、スマホの充電やライトの設置も可能ですよ。また、デスク(机)や収納の機能をベッド下におさめたタイプは、システムベッドと呼ばれています。各家具を別々にそろえる手間がなく割安です。

子供用は将来の成長を見すえて選ぶ

子供用のコンパクトなロフトベッドもあります。子供にちょうどよいサイズで場所も取らないからと、安易に選んではいけません。子供が成長してすぐにサイズが合わなくなるうえ、耐久性にも不安がでてきます。短い期間での処分を想定している場合は問題ないでしょう。でもなるべく長く使い続けるなら、大人用が無難。とはいっても、子供の時点でハイタイプ&はしごは危ないため、ミドルやロータイプの階段式がおすすめです。

敷布団よりもマットレスがおすすめ

対応している厚さを守れば、敷布団とマットレスのどちらかをロフトベッドに使えます。敷布団は通気性が悪く、クッション性もあまり期待できないため、マットレスがおすすめです。ベッドの床板(マットレスや敷布団を載せる部分)への負担も分散してくれるでしょう。カバーやシーツ、パッド類の寝具を組み合わせると、心地のよいベッドに仕上げられますよ。マットレスと寝具についての詳細は、下記リンクの記事を確認してくださいね。

マットレスのおすすめは、安いながらも腰痛を防ぎ快眠できるコスパ抜群のものです。ご紹介する人気のおすすめ通販店で見つけられますよ。安い量販店のニトリに加え、Amazonや楽天との比較も可能です。ベッドや直置きで使うマットレスの詳細と選び方も参考にしてくださいね。
ベッドのマットレスに使う寝具は、カバーやシーツ、パッド、プロテクター、除湿シート、トッパーなど、多くの種類があります。すべて必要なのか疑問に思うことでしょう。各特徴と効果が分かれば、最適な組み合わせが可能です。ベッドのマットレスに必要な寝具を解説していきます。

ロフトベッドのおすすめメーカー・安い通販店①

【neruco】使い心地がよいロフトベッド

neruco(ネルコ)】は、ベッド専門のメーカーです。使い心地のよいロフトベッドをたくさん扱っています。厚さの制限を守りつつマットレスにこだわれば、寝心地も満足のベッドになるでしょう。木製とパイプ製それぞれで、はしごと階段、ロータイプ・ミドルタイプ・ハイタイプの種類がそろっています。安いながらも、おしゃれで使用感がよくおすすめです。

ロフトベッドのおすすめメーカー・安い通販店②

【ジパング】機能性に優れたロフトベッド

ジパング.com】は、おもに一人暮らし向けの家具を扱うメーカーです。狭いワンルームの空間を無駄なく活用できるロフトベッドも、安い価格で通販しています。機能性に優れたロフトベッドが多く、スペースの余裕が少ないお部屋におすすめ。ベッド下にハンガーポールを備えたものや、ハイタイプとミドルタイプに高さを変えられるものなど、便利に使えるでしょう。全体的にすっきりとしたおしゃれさです。

ロフトベッドのおすすめメーカー・安い通販店③

【LOWYA】おしゃれなロフトベッドが豊富

LOWYA(ロウヤ)】は、ロフトベッドを豊富に取りそろえているメーカーです。ラインナップは、木製とパイプ製、はしごと階段、ハイタイプとミドルタイプで、子供用やセミダブルも扱っていますよ。機能性はさまざまで、自分にぴったりの種類を見つけられるはずです。そしておしゃれなデザインが、おすすめのポイントになります。圧迫感はあっても、素敵なインテリアになってくれるでしょう。

ロフトベッドのおすすめメーカー・安い通販店④

【ニトリ】シンプルで安いロフトベッド

ニトリ】は、言わずと知れた家具量販店です。たくさんの家具がそろっており、もちろんロフトベッドも通販しています。安い価格重視なら、ニトリがおすすめです。パイプ製で はしごタイプのシンプルな激安ロフトベッドがあります。でも使い心地のよさや耐久性には期待できないため、適しているのは短い期間で使う場合です。価格は上がりますが、子供用の木製システムベッドも扱っています。

ロフトベッドのおすすめメーカー・安い通販店⑤

【IKEA】北欧デザインのロフトベッド

IKEA(イケア)】は、北欧デザインの安いロフトベッドを扱っています。シンプルですっきりとしたデザインなので、いろいろなお部屋のテイストにあわせやすくておすすめです。ただ、はしごのハイタイプしかなく、使い心地のよさを求める場合や、お部屋によっては、適さないことがあります。それに垂直立ちタイプの はしごは、上り下りしづらいうえに、踏み外す危険性が増すので気をつけてください。

ロフトベッドのおすすめメーカー・安い通販店⑥

【Amazon】と【楽天】のロフトベッド

Amazon】と【楽天】では、多種多様なロフトベッドをたくさん見つけられます。セミダブルや子供用も豊富です。安い価格重視で探す場合、あまりに激安なロフトベッドは避けたほうがよいでしょう。粗悪品の可能性が高く、きしみや揺れが強かったり耐久性が弱かったりなど問題があって、後悔することになります。口コミレビューのチェックも大切ですが、真偽を判断しながら参考にしてくださいね。

まとめ

ロフトベッドは、ベッド下の広い空間を活用できる大きなメリットがあります。解説したデメリットが問題なければおすすめです。そしてロフトベッドのおすすめメーカーは、ニトリやIKEAだけではありません。ご紹介したメーカー・通販店なら、おしゃれで安いものを見つけられますよ。ハイタイプ・ミドルタイプ・ロータイプ、セミダブルなどのサイズ、はしごや階段、木製とパイプ製といった種類の中から、選び方を参考にしてベストなタイプを選んでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする