ソファーの2人掛け3人掛け/おしゃれな北欧風など激安通販の人気店

ソファーの2人掛けや3人掛けで、北欧デザインが人気です。北欧風をはじめ、おしゃれなデザインのソファーが激安の人気通販店を厳選しました。有名な通販店のニトリやIKEA、楽天とAmazonもあわせて、後半よりご紹介します。ソファのサイズ、種類、選び方を先に解説しているので、参考にしてくださいね。満足できる使用感とおしゃれさを備えた、激安の2人掛けや3人掛けソファーに出会えますよ。

【目次】

ソファーの2人掛け3人掛けは北欧風など豊富

おしゃれな北欧デザインのソファーが人気

おしゃれなソファーといっても、いろいろなテイストがあります。特に人気が高いのは、北欧デザインです。北欧家具で多くみられるナチュラルな雰囲気は、どんなお部屋や家具にもマッチさせやすく、おしゃれなインテリアになってくれます。本場の北欧デザインに似せた、北欧風でも十分です。北欧風であれば、激安のソファーがいっぱい!あとからご紹介する通販店で、北欧風など人気テイストのソファーを見つけられます。

2人掛け3人掛けは一人暮らしや家族で使える

ソファーは、1人掛けから2人掛けや3人掛けなど、大きさによって分けられます。中でも2人掛けと3人掛けが、使い勝手のよさとサイズの都合から人気です。どちらも一人暮らしや家庭で便利に使えますよ。人気が高いサイズのため、どのお店でも品ぞろえが豊富です。普通のタイプはもちろん、カウチやリクライニングにロータイプといった種類、北欧風を含めたおしゃれなデザイン、そして激安のものがたくさんあります。

2.5人掛けソファーはワイドなふたりがけ

2人掛けと3人掛けの中間となる、2.5人掛けもあります。別の呼び名は2人掛けのワイドタイプです。2人掛けでは小さくて使用感に不満がある、かといって3人掛けは大きいのでスペース的に配置できない、という場合などに2.5人掛けがおすすめ。二人での使用なら、一人あたりの座る範囲が広いため、ゆったりできます。さらに小柄な人であれば、寝転がることも可能です。

おしゃれな2人掛け3人掛け人気ソファーのサイズ

ソファーのサイズは幅と奥行きと高さ

ソファーのサイズとは、何人掛けかというよりも「幅×奥行き×高さ」になります。基本的には、ソファー全体を指すサイズです。肘掛けや背もたれを除いた、座面(座る部分)に対してのサイズも分かると、使い心地をイメージしやすくなります。なお、幅、奥行き、高さは、どれも使用感やインテリア性に関わる重要な要素です。ソファーを選ぶ際には、それぞれの寸法を確認するようにしてくださいね。

何人掛けかは目安にすぎないので注意

2人掛けや3人掛けなどの仕分けは、おおよその幅サイズで決まります。2人掛けといっても、ソファーによってサイズは全然違うもの。それは、2人掛け=幅○cmと決まっているわけではないからです。幅○cm〜○cmは2人掛けに適している、といった感じになります。つまり何人掛けというのは、あくまで目安です。なので例えば、3人掛けを二人で広々と使っても問題ありません。

肘掛けをふまえて幅のサイズを判断する

ソファーの幅サイズをチェックする際に、確認を忘れてしまいやすいのが肘掛けの厚みです。ソファーの多くは、両サイドに肘掛けが付いています。この肘掛けを含めた幅サイズだけをみていると、思いのほか座面(座る部分)が狭かったという事態になりかねません。表記されているソファー全体の幅サイズ(外寸)から、肘掛けの厚みを引いて、座面の幅サイズ(内寸)になります。そのため、肘掛けの厚みもふまえて判断しましょう。

余裕をもって座れる幅のサイズ

2人掛けや3人掛けを選ぶ際、幅サイズがバラバラなので迷ってしまいますよね。大人が余裕をもって座れる幅サイズは、肘掛けを除いた座面だけの寸法(内寸)で、1人掛けにつき「60cm」です。そして肘掛けの厚みを加えます。これを基準に考えると、判断しやすくなるはずです。下記の幅サイズを参考にしてみてください。肘掛けが薄い、または肘掛けがない、狭くても大丈夫、小柄な人や子供が座るなど、状況も考慮しましょう。

↓肘掛けの厚みが両サイド合計30cmの場合

  • 1人掛け:外寸「90cm」/内寸「60cm」
  • 2人掛け:外寸「150cm」/内寸「120cm」
  • 3人掛け:外寸「210cm」/内寸「180cm」

3人掛けソファーの注意点は二つ

3人掛けソファーは、2人掛けにはない注意点が二つあります。一つ目が、座る位置はサイド(両端)と中央になること。左右に人がいる状態で中央に座っても、落ち着けるように余裕のある幅が必要です。二つ目は、クッションの区切りになります。2つ区切りのクッションの場合、区切り目に当たる中央は、座り心地が悪くなりがちです。気になるなら、3つ区切りか、区切りのないタイプがよいでしょう。

大きなソファーのメリットとデメリット

大きいサイズのソファーほど、ゆったりくつろげたり、余裕をもって寝転がれたり、複数人で一緒に座れたりするメリットがあります。そして大きい分のデメリットは、広いスペースを占領する、圧迫感がある、重くて移動が難しくなる、価格が上がるといったことです。メリットをとるか、デメリットを避けるか、利用シーンをふまえながら考えてくださいね。

用途によって適した奥行きが異なる

ソファーをどう使うかで、適した奥行きが変わってきます。深く腰をおろしたり、寝転がったりするなら、広い奥行きが必要です。ソファーに座り、机に向かって食事や作業をする場合は、浅く座った方がよいため狭い奥行きが適しています。また、ソファーの前に空ける、人の移動スペースを確保しやすいのは、狭い奥行きです。それと小柄な女性や子供で、背もたれに腰が届かない人は、間にクッションをはさむ方法で解決できます。

高さサイズは使用感と存在感に影響する

ソファーの高さは、座面の高さ(SH)と、背もたれを含めた全体の高さ(H)を指します。座面の高さは、使用感に関わるので重要です。座面が低いと落ち着けるものの、立ち座りがしづらくなります。机と使う場合は、机の天板の高さよりも、クッションが凹んだ状態で25cmから30cmぐらい低い座面の高さだと、食事や作業がしやすいです。そして背もたれは、高いほど体をもたれかかれますが、圧迫感がでて空間が狭くなる印象を与えます。

おしゃれな2人掛け3人掛け人気ソファーの種類

ラブソファーはコンパクトなふたりがけ

2人掛けソファーのコンパクトなタイプは、ラブソファーと呼ばれることがあります。名前から想像できるとおり、パートナーとくっつくように座れるソファーです。二人一緒だとゆったり座れない代わりに、あまり場所を取らずにすみます。一人であれば広々と座れるので、ワイドな1人掛けソファーとして使う方法もおすすめです。

リクライニングソファーは背もたれを倒せる

リクライニングソファーは、背もたれを後ろに倒せるソファーです。加えて、肘掛けを外側へ倒せるタイプも多くあります。倒せる角度は、数段階式が一般的。状況にあわせ、ちょうどよい角度をキープできるでしょう。また、コンパクトなソファーでも、背もたれと肘掛けを倒せば、寝転がれる広さになります。難点は耐久性が劣りがちなことと、背もたれや肘掛けの倒れるスペースを空けておく必要があるため、意外に場所を取ることです。

ソファーベッドはベッドに変形できる

ソファーベッドは、ベッドに変形できるソファーです。変形方法でいくつかの種類に分けられます。リクライニングソファーと同じように背もたれを倒すタイプと、折りたたみ式や引き出し式の座面を広げるタイプです。ソファーとベッドが1台ですみ、一人暮らしのワンルームなど狭いお部屋に最適!と思われやすいですが、デメリットが多いため注意してください。ソファーベッドの詳細は、下記リンクの記事で解説しています。

一人暮らしにソファーベッドはおすすめなのか?何も知らずに購入してしまうと、後悔する可能性が大!ソファーベッドの特徴やデメリット、選び方などの解説を参考にしてくださいね。一人暮らし向けソファーベッドを扱うおすすめの激安店も、IKEAとニトリを含めてご紹介します。

カウチソファーは足を伸ばして座れる

カウチソファーは、足を伸ばしたまま座れるソファーです。座面が長い形状になっていて、腰から足まで乗せられます。普通のソファーでも、足を乗せる用途のオットマンを組み合わせれば、カウチスタイルにすることが可能ですよ。それにオットマンだと、好きな場所に置ける利点があります。普通のソファーとオットマンのセットが、カウチソファーとして販売されている場合も多いです。

コーナーソファーは角にあわせ囲える

コーナーソファーは、角(かど)があるL字のように、座席が並ぶソファーです。ソファーの座席が、ズラーっと横一列にいくつも並ぶと、配置が難しくなりますよね。コーナー形ならレイアウトしやすいです。一般的には、お部屋の角にあわせて配置します。ソファーの両端に座った人同士が、顔を見合わせられることも、コーナーソファーのポイントです。

ローソファーは圧迫感を減らし床座に近づく

ローソファーは、脚の有無に関わらず、背が低いソファーです。床へ座る感覚に近づくため、落ち着いてくつろげます。普通の高さのソファーに比べて圧迫感がなく、お部屋を見渡した時に視界をさえぎりません。そのため、お部屋が狭い印象になることを防げます。腰を下ろす位置が低くなることから、立ったり座ったりの動作を負担に感じることが難点です。

フロアソファーは脚なしの直置きタイプ

ローソファーとよくごっちゃにされるのが、フロアソファーです。フロアソファーは、背の高さに関係なく、脚や台座なしで直置き(じかおき)する種類のこと。なので背が高くても、直置きだとフロアソファーになります。背が低くて直置きするソファーは、ロータイプのフロアソファーです。座面の位置が特に低いタイプは、こたつやローテーブルとあわせて使えますよ。脚を取り外して、フロアソファーにできる製品も多いです。

おしゃれな2人掛け3人掛け人気ソファーの選び方

ソファーの用途を具体的に考える

ソファーを選ぶ際には、まずどういった使い方をするのか具体的に考えましょう。例えば、家族や友人とくつろぐ場所にする、机に向かって食事や作業をする、来客の応接に使うなどです。用途によって、適したソファーの種類やサイズは異なります。用途がはっきりすると、選ぶ対象のソファーがしぼれるので、スムーズに探せるようになるはずです。

ソファーのサイズと置き場所の広さを確認

ソファーのサイズや種類を決めるに当たっては、先に解説した内容を参考にしてください。そして選んだソファーが、お部屋に置けるのか確認が必要です。表記のサイズをもとに、配置予定の場所を測りましょう。ソファーのまわりに、人の移動スペースを空ける必要もあります。新聞紙などをソファーの「幅×奥行き」サイズにあわせ、床に広げてみるとイメージしやすいですよ。

ソファーを運び込む経路の確認も必要

ソファーをお部屋に問題なく置ける場合でも、サイズに関して意外な落とし穴があります。それはソファーを運び込む際の経路です。搬入経路で問題になりやすい箇所は、エントランス、階段やエレベーター、玄関、お部屋のドアなど。ソファーをお部屋に入れられず返品…という事態にならないよう、ソファーが経路を通れるのか確認しておいてくださいね。

ファブリックや革といった素材を決める

ソファーの表面をおおう素材を「張り地(はりじ)」といいます。張り地は、見た目、お手入れのしやすさ、触れ心地などに関わるので重要です。激安ソファーの張り地の多くは、ファブリック(布地)と、人工のレザー(革)である合皮の2種類になります。それぞれのおもな特徴は下記の通りです。高額なソファーなら、天然の本革もありますよ。

ファブリック
色のバリーションが多く、カジュアルな印象。触れ心地がよくて、室温の影響が少ない。汚れが染み込みやすく、落としづらい。カバーを掛けて使うか、取り外して洗濯できるカバーリングタイプがおすすめ。
合皮
高級感がある。クールやシック、かっこいい系の印象。ムレやすくて夏はベタつき、冬は冷たさを感じる。汚れは染み込みづらく、落としやすい。カバーを掛けると、革の見た目が楽しめなくなる。

おしゃれに見えるデザインや色を決める

ソファーは存在感の大きな家具です。なのでソファーしだいで、お部屋の印象がガラッと変わります。おしゃれな空間づくりを意識して、ソファーのデザインと色を決めてくださいね。テーマが決まっている場合は、その雰囲気にあわせて選びます。特にイメージが定まっていないなら、どんなテイストにもあわせやすい北欧風のデザインがおすすめです。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店①

【和楽】機能に優れた格安の日本製ソファー

和楽】は、日本製の激安ソファーを扱っています。国内製造で安心できるうえ、機能に優れていることも特徴です。それに、北欧風のインテリアとマッチさせられるデザインが多くあります。メインの種類は、背もたれと肘掛けをリクライングできる、2人掛けと3人掛けのソファーです。1人掛けを含め脚付きのタイプは、長さと見た目が異なる複数の脚から、好きなものを選べます。脚を付けず、フロアソファーにするのもおすすめです。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店②

【ジパング】一人暮らしにおすすめのソファー

ジパング.com】は、一人暮らしにぴったりの家具を、激安価格で扱う通販店です。そのため、おもなソファーの大きさは、1人掛けと2人掛けになります。ラブソファーを探している場合は、コンパクトな2人掛けがおすすめです。人気の北欧風デザインや、ローソファーとフロアソファー、コンパクトタイプのカウチソファーも多く見つけられますよ。座面の下が収納になっているソファーは、収納に困りがちな狭いお部屋に最適です。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店③

【CCmart7】人気テイストのおしゃれソファー

CCmart7(シーシーマートセブン)】では、いろいろな人気テイストのソファーがそろっています。北欧風はもちろん、シンプル、モダン、ヴィンテージ風、アンティーク調、アジアンなどです。どれもこだわりが感じられるデザインで、とってもおしゃれ。インテリアの主役になってくれますよ。2人掛けと3人掛けに加えて、1人掛けと4人掛けソファもおすすめです。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店④

【unico】高グレードのナチュラル系ソファー

unico(ウニコ)】は、グレードの高いおしゃれさを備えた、ナチュラル系デザインのソファーを扱っています。お部屋の印象を向上させられるクオリティーです。木製の脚や肘掛けと、ファブリック張り地の組み合わせが多く、北欧風としても最適。カバーリングタイプなので、カバーを取り外して洗濯できます。二人でゆったりしたいなら、2.5人掛けがおすすめ。かっこいいヴィンテージ風のレザー(合皮)ソファーもあります。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店⑤

【エアリゾーム】お手頃なおしゃれソファー

エア・リゾームインテリア】は、激安価格でおしゃれ、そして使い心地がよいという、お手頃なソファーを扱っています。デザインの系統は二種類で、シンプルな北欧風と、レザー(合皮)のかっこいい系です。お部屋の雰囲気にあわせて、どちらかを選べば間違いないでしょう。定番の2人掛けと3人掛けに加え、 1人掛けや2.5人掛けもあります。カバーリングタイプではないファブリックは、別売りのカバーを掛けると安心です。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店⑥

【アイリス】シンプルで格安のソファー

アイリスオーヤマ】のソファーは、シンプルで激安です。かといって、価格重視向けというわけではありません。おしゃれな北欧風デザインや、リクライニング機能を備えた種類、座り心地にこだわったポケットコイルタイプなど、いろいろとラインナップされています。狭いお部屋でもソファーでくつろぎたい場合は、1人掛けまたは2人掛けとオットマンをセットにした、コンパクトなカウチスタイルがおすすめです。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店⑦

【LOWYA】おしゃれなソファーがいっぱい

LOWYA(ロウヤ)】は、さまざまなソファーを扱っています。1人掛けから4人掛け、それにひと通りの種類を選べる品ぞろえです。シンプルでもどこか特徴のある、おしゃれなデザインがポイント。カラーバリエーションも多く、北欧風などさまざまなお部屋のテイストにあわせられますよ。別売りの収納付きオットマンは、収納ボックスとしてや、カウチスタイルの実現など、便利に使えるでしょう。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店⑧

【ニトリ】格安ソファーがとっても豊富

ニトリ】は激安とはいえないまでも、格安なソファーを豊富に取りそろえています。シンプルからカジュアル、おしゃれな北欧風、高級感のあるレザー(合皮または本革)など、デザインも多様です。そして種類ごとの品ぞろえがたくさんあります。なので各種類の特徴を優先して探しても、好みのサイズとデザインのソファーが見つかりやすいです。価格は上がりますが、電動式のリクライニングなど、機能に特化したタイプもあります。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店⑨

【IKEA】北欧デザインの格安ソファー

IKEA(イケア)】のソファーは、北欧デザインで格安ということから人気があります。目立った特徴のないシンプルなタイプは、特に激安です。何らかのこだわりがある場合は、求める内容にあった高価なものがよいでしょう。カウチやソファーベッドも多いです。座席数のサイズは、2人掛けと3人掛けはもちろん、4人掛け以上を扱っています。4人掛け以上では、コーナー形に加えてU字形もおすすめです。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店⑩

【無印良品】組み合わせられるソファー

無印良品】では、無印らしいデザインのソファーを扱っています。北欧風のインテリアにマッチするシンプルさです。特徴は、組み合わせられること。ユニットソファーは、1人掛けの肘掛け有りと無し、加えてオットマンがあり、何個でも並べられます。ソファチェアは、1人掛けを横に連結でき、肘掛けも必要であれば取り付け可能。ほかに2人掛けから3人掛けの普通タイプもあります。上記までの紹介店に比べ、高価なことが難点です。

2人掛け3人掛け北欧風ソファーが激安の通販店⑪

【Amazon】と【楽天】のおしゃれソファー

Amazon】と【楽天】上で通販されているソファーは多種多様です。上記でご紹介したお店では、満足のいくソファーを見つけられなかった場合に、利用してみましょう。ただ、数がとても多いため、普通に見ていては大変。求めるソファーのイメージをはっきりさせてから、何人掛けか、全体のサイズ、種類など、条件をしぼって探すとスムーズです。口コミレビューは参考になりますが、真偽のほどを判断する必要があります。

まとめ

ソファーで需要の高い2人掛けと3人掛け。ご紹介したニトリやIKEAを含む人気の通販店では、激安ながらも使い心地がよくて、北欧風などおしゃれなデザインのソファーを見つけられます。ソファーは、2人掛けや3人掛けといった幅の広さだけでなく、奥行きや高さも重要です。カウチやリクライニング、ローソファーと、各種類の特徴もおさえておきましょう。サイズと種類の解説を参考に、ベストなソファーを選んでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする