ダイニングチェア/おしゃれで安いおすすめ店!北欧風でよい座り心地

ダイニングチェアがおしゃれで安い!おすすめのお店をご紹介します。木製の北欧風をはじめ、回転式やカバー付け替えタイプ、またはベンチなどいろいろな種類を見つけられるでしょう。おしゃれさと安い価格だけでなく、座り心地もばっちり。ひと通りご覧いただければ、ダイニングチェアの選び方も身に付きますよ。

【目次】

おしゃれで安いダイニングチェアがおすすめ

人気の北欧風や座り心地のよいチェアを扱う8店

おしゃれで安いダイニングチェアを扱うおすすめのお店は、比較用にIKEAとニトリを含めた全8店です。人気の北欧風や座り心地のよいチェアがそろっていますよ。お店によって、座面の回転など機能性を備えたもの、カバーを付け替えられるタイプ、長椅子型のベンチやソファなどラインナップはさまざまです。後半より各お店の特徴をご紹介していきます。

満足のいく安いダイニングチェアを見つけられる

ネット上から軽く探すだけでも、多くのダイニングチェアを目にします。素敵な高額チェアに憧れてしまいますが、予算的になるべく安い出費でおさえたいはず。安いものほど、見た目や使用感がチープになるんじゃないかと、不安を覚えることでしょう。ですがお店しだいでは、安い価格でも満足のいくおしゃれさと、座り心地のよさを兼ね備えたダイニングチェアを見つけられます。

気軽に買い替えできる安いダイニングチェア

作りのよい高額なダイニングチェアを長く使うという選び方もあります。確かに安いものに比べて長持ちしますが、ずっと使い続けられるわけではありません。いずれ不調な部分がでてきます。それに汚れや傷によって見た目は損なわれていくものです。張り替えは費用と手間がかかります。デザインや使用感に問題がでる場合もあるでしょう。安いものなら、その時々のダイニングに最適なチェアへと、気軽に買い替えできますよ。

ダイニングチェアを理解して選び方に活かす

満足のいく安いダイニングチェアを見つけるためには、用途に適した種類やサイズなどを理解しておく必要があります。使用時のイメージも大切です。おすすめ店をご紹介する前に、ダイニングチェアについて詳しく解説していきます。この内容は選び方としてそのまま活かせるので、使っている姿を想像しながら参考にしてみてくださいね。

おしゃれで安いダイニングチェアについて

ダイニングで食事の際に座る椅子

ダイニングチェアは、その名の通りダイニングで使う椅子のため、おもに食事の際に座る椅子となります。サッとすませたり会話をしながらゆっくり楽しんだりと、食事にかける時間はそれぞれです。食事以外にも作業スペースやリビング兼用の空間として、ダイニングを活用する場合もあるでしょう。このようにチェアの用途や座り続ける時間は、人によって異なるものです。これらをふまえると最適なダイニングチェアを選びやすくなります。

チェア・スツール・ソファ・ベンチの種類がある

ダイニングで使う椅子はいくつかの種類があります。1人掛けで、背もたれ付きがチェア、背もたれなしがスツールです。2人以上が座る長椅子では、背もたれ付き&クッション性を備えたものがソファ、背もたれなしがベンチになります。これが一般的な種類分けです。それぞれがメリットとデメリットを持っているので、各特徴と用途を照らし合わせて、ベストな種類を選んでくださいね。

座面が回転するダイニングチェア

普通のチェア以外に機能を備えたタイプもありますよ。回転式ダイニングチェアは、座面(お尻をのせる面)が回転する椅子です。座面のポジションを座りやすく立ち上がりやすい向きへと変えられます。椅子自体を動かさずにすむため、床への傷付きや階下への騒音を気にしなくても大丈夫です。難点としては、重いので掃除の際など移動が大変、場所を取る、回転機能が壊れる場合がある、子供が回転させて遊ぶということが挙げられます。

チェアを滑りやすくする&傷付き防止と防音方法

移動をスムーズにおこなえるキャスター付きのダイニングチェアも、機能性タイプといえます。ただ、チェアを引いたり少し動かしたりする程度なら、キャスターは必要ないです。チェアの脚底にフェルト製のシールなどを貼る、または脚カバーをかぶせれば滑りやすくなります。床の傷付き防止と防音にもなって一石三鳥です。100均ショップやホームセンターで購入できますよ。ラグを敷くことでもこれらの効果を得ることが可能です。

デザイン不統一のバラバラな組み合わせもグッド

ダイニングに置くテーブルとチェア、複数のチェア同士は、デザインをそろえるべきと思うかもしれません。でも雑誌やネットに掲載されているおしゃれなインテリアを見ると、バラバラな組み合わせが多いです。実際にそうしている人が増えています。バラバラにすることで自由度が上がり、個性的で高度なインテリア作りがおこなえるんです。チェアとは別にダイニングテーブルを単体で探す場合は、下記リンクの記事をご覧ください。

ダイニングテーブルは毎日の食事で使うからこそ、おしゃれなものが欲しいですよね。でも予算的に安いものでガマンするしかない、なんて悲しまないでも大丈夫!おしゃれで安いダイニングテーブルはたくさんあります。人気の激安な家具屋さんをニトリやIKEAを含め8店ご紹介します。

センスに自信がなければセットがおすすめ

デザインがバラバラなテーブルとチェアを上手に組み合わせるためには、ある程度のインテリア知識やセンスが必要です。それぞれを単体で見ただけではミスマッチとなる可能性があります。簡単な方法は、脚の素材や色合いをそろえたり、必要なチェア数が偶数なら2脚ずつ同じデザインにしたりするなどです。自信がなければデザイン統一のセットがおすすめ。下記リンクの記事から探せますよ。ベンチやソファの解説も含んだ内容です。

おしゃれで安いダイニングテーブルセットを扱う通販店は、ニトリとIKEAだけではありません。北欧風などおしゃれなテイストや、2人から6人掛けサイズをそろえている、ダイニングテーブルセットが安い人気店をご紹介します。ベンチやソファをあわせたスタイルも実現可能です。

おしゃれで安いダイニングチェアのサイズ

使いやすさの決め手はサイズにある

ダイニングチェアの使いやすさは、サイズと置き場所の広さが決め手になります。チェアを置いた際、まわりのスペースが広いほど使いやすくなるものです。チェアを十分に後ろへ引ける空間は最低限必要でしょう。チェアに座っている状態で、その後ろを他の人が難なく通行できるスペースも欲しいところです。チェアとテーブルのサイズ、それとダイニングの広さを確認してくださいね。

座面の高さ位置が重要!座り心地が決まる

座り心地の良し悪しを決める一番の要因は、ズバリ座面の高さ位置です。多くの日本人に適した高さである、43cm前後を目安にするとよいでしょう。実際にはヒザが直角に曲がり、足裏全面が床につく状態がベストです。座面とテーブル天板との距離も重要になります。これは25cmから30cmぐらいが、食事をしやすくおすすめです。なお座面の高さは、サイズ表記だと「SH」で記載されている場合もあります。

ハイバックやローバックなどの背もたれ

ダイニング“チェア”は背もたれ付きです。背中全体を支えるハイバックは、寄り掛かかることで長時間座り続けても疲れずにすみます。難点は、存在感が大きいためダイニングが狭く見える、重くて移動させづらい、価格が上がるなどです。背中のおおよそ半分から下を支えるローバックは、ハイバックの難点が薄まるうえ、軽くでも寄り掛かれます。あまり時間をかけずに食事をとるだけなら、ローバックがおすすめです。座る時間が特に短い場合は、背もたれのないスツールも選択肢に入りますよ。

スツールは座り心地よりも、おしゃれさや実用性にこだわるべき椅子です。収納付きや折りたたみ式、スタッキングタイプなど、用途に適した機能があると便利に使えますよ。人気の高い木製の北欧風を含めて安いもので十分!スツールの選び方や、おしゃれで安い通販店をご紹介します。

ダイニングチェアの横幅もチェックポイント

テーブルの横幅よりも、チェアの横幅×脚数のサイズが小さければ、テーブルにおさめられます。チェアをスムーズに引けて、隣の人とぶつからないようにするため、テーブルの横幅はなるべく余裕を持たせてくださいね。ただし座面の横幅が小さすぎると、座り心地が悪くなります。体格にもよりますが、40cm代が普通、50cm以上は快適な座り心地を得られるはずです。

肘掛けはダイニングチェアにあまり必要ない

肘掛けが付いたダイニングチェアの利点は、肘掛けに手を置いてくつろげることと、立ち座り時の補助として肘掛けにつかまれるなどです。注意点として下記で説明するようなデメリットがあります。そのため、広いダイニングで大きなテーブルとセットにしたうえで、長時間座り続ける場合にのみ、肘掛け付きを選ぶのがよいでしょう。それ以外では肘掛けなしのダイニングチェアがおすすめです。

肘掛け付きダイニングチェアのデメリット

テーブル天板の高さ位置が低ければ、肘掛けとぶつかって傷が付きますし、テーブル下へチェアを収納できません。それに肘掛けが体をさえぎるので、チェアを大きく後ろへ引かないと立ち座りが難しいです。また、肘掛けが加わる分、チェアの横幅が大きくなることをふまえる必要があります。重量も重くなるため、移動に多少なりとも負担が増すでしょう。加えて肘掛けが付いていると価格が上がります。

折りたたみやスタッキング式は場所を取らない

狭いダイニングだけどテーブルとチェアで食事をとりたい、または来客が多くてその数にあわせたチェアが必要という場合は、折りたたみ式やスタッキングタイプのダイニングチェアがおすすめです。スタッキングは積み重ねできるという意味で、1脚分のスペースに何脚も置いておけます。折りたたみ式やスタッキングタイプともに、必要な時だけたくさん並べることが可能ですよ。

おしゃれで安いダイニングチェアの素材

素材は座り心地やおしゃれさを左右する

ダイニングチェアの素材はいろいろな種類があります。素材によって、固さや質感などの座り心地は変わってくるものです。それにおしゃれさも左右します。チェア単体の好みだけでなく、ダイニング全体としてみた時の馴染み具合も考慮しましょう。ほかには掃除・メンテナンスのしやすさや耐久性が、素材で大きく異なります。なお座面と脚で、違う素材を組み合わせている場合が多いです。

木製は木の風合いを楽しめて使いやすい

木製のダイニングチェアは木の風合いを楽しめます。温かみを感じられることから、食事の際に座るダイニングチェアにおすすめです。汚れが付いても染み込まなければ簡単に拭き取れます。合板や集成材であっても自然素材の見た目なので、いろいろなテイストにあわせやすいですよ。特にナチュラル系や北欧風のインテリアによくマッチします。座面も木製だと固い座り心地になりますが、クッションを置けば解決です。

ファブリックはおしゃれで座り心地がよい

ダイニングチェアに多い素材が、脚は木製で座面はファブリックという組み合わせです。この場合のファブリックは、クッションに布地をかぶせたような素材を指します。優しい質感でクッション性があるため、座り心地のよさが特徴です。色のバリエーションを選べることが多いので、ダイニングを彩るインテリアになってくれるでしょう。でも劣化が早く汚れやすいことが難点です。カバーを掛けることで、ある程度は防止できます。

レザーは高級感のある見た目と座り心地

高級感を求めるならレザー(革)製でしょう。天然の本革は高価なため、安いダイニングチェアを探す場合は除外してください。ここで挙げるレザーは、安い価格におさまる人工の合皮になります。ずっと使っているうちに劣化していくことと、夏はベタつき冬は冷たい感触になることがデメリットです。座り心地は固めですが、ほどよい弾力性を感じられますよ。汚れは拭き取りやすいです。表記は「PVC」や、それより質が上の「PU」になります。

プラスチックはデザイン性が高くメンテが簡単

プラスチック製は、モダンでアーバンなおしゃれさを感じるものが多いです。汚れは簡単に落とせるため、きれいな状態を保てますよ。軽量なので難なく移動が可能です。安いこともポイントになります。色のバリエーションが多く、おしゃれなダイニング作りの幅が広がるはず。強くぶつけるなどすると割れますが、そういったアクシデントがなければ長く使い続けられます。固い座り心地は、クッションを置いてカバーしてくださいね。

クッションやカバーを取り替えられるメリット

ファブリックとレザーの座面はクッション性を備えているので、そのままでも座り心地はよいものです。木製とプラスチックの座面は固いため、先に説明の通り長時間座る場合はクッションを置くことになります。このメリットはいつでも取り替えられることです。汚れたり色や柄に飽きたりした際には、違うクッションに変えられますよ。ファブリック製でもカバーを付け替えできるタイプは、同じようなメリットを得られるでしょう。

色合いがおしゃれなインテリア作りに関わる

ダイニングチェアの素材やデザインのほかに、おしゃれなインテリア作りに関わる要素が色合いになります。ダイニング全体で見て、すべてを近い色でそろえるとまとまりやすいです。バラバラの色合いだとゴチャゴチャ感がでるため、狭く落ち着かない印象になってしまいます。選べるカラフルな色のバリエーションは、アクセントに活用するとよいでしょう。インテリア知識やセンスに自信があるなら、大胆な組み合わせもグッドです。

ダイニングチェアがおしゃれで安いおすすめ店①

【LOWYA】かっこいい系のダイニングチェア

LOWYA(ロウヤ)】のダイニングチェアは、安い価格に見えないスタイリッシュなデザインです。ダイニングをおしゃれでかっこいい雰囲気にしてくれますよ。特にアイアン脚のものはインダストリアルな印象で、カフェスタイルやヴィンテージ調のテイストにもぴったりです。木製脚&ファブリック座面のチェアは、かわいらしさが含まれていて北欧風のコーディネートにもマッチさせられます。

ダイニングチェアがおしゃれで安いおすすめ店②

【家具350】定番テイストのダイニングチェア

家具350】は、定番テイストに沿ったデザインのダイニングチェアを、安い価格で販売しています。北欧風、カントリー調、ヴィンテージ調などです。大げさな造形にならない範囲で、各テイストの特徴を形にしています。そのためシンプルでも、それぞれの雰囲気を演出してくれるでしょう。チェアと同じようにデザインされた、おしゃれなベンチも複数扱っています。

ダイニングチェアがおしゃれで安いおすすめ店③

【unico】ハイセンスなダイニングチェア

unico(ウニコ)】のダイニングチェアは、シンプルながらもハイセンスなデザインで、ワンランク上のおしゃれさが感じられます。ダイニングをより素敵な空間に変えてくれるはずです。それでいて十分に安い価格となります。ソファとベンチは、どちらもベンチとしての扱いです。スツールもラインナップされています。ファブリック座面は、カバーを付け替えられるタイプがおすすめ。高級感のある合皮レザー製も素敵です。

ダイニングチェアがおしゃれで安いおすすめ店④

【エアリゾーム】機能性のあるダイニングチェア

エア・リゾームインテリア】では、おしゃれで安い普通タイプのほかに、機能性を備えたダイニングチェアを複数扱っています。座面の回転式や高さ位置を上げたり下げたりできる昇降式、それと折りたたみ式などです。カウンターでの使用に適した、背の高いバースツール(ハイスツール)もありますよ。2脚セットのものは、1脚ずつ購入するよりもお得です。

ダイニングチェアがおしゃれで安いおすすめ店⑤

【LIFULL】デザイン性の高いダイニングチェア

LIFULL(ライフル)】は、おしゃれなダイニングチェアをたくさんそろえています。デザインはシンプルなものから、ちょっと珍しいユニークなものなど多種多様です。どんな雰囲気のダイニングでも、ベストマッチするチェアと出会えるでしょう。チェアはアクセント作りに最適なので、個性を表現したい場合にもおすすめです。価格に幅があるものの、安いチェアを多く見つけられますよ。

ダイニングチェアがおしゃれで安いおすすめ店⑥

【ニトリ】豊富にそろうダイニングチェア

ニトリ】には、さまざまな種類のダイニングチェアが豊富にあります。オーソドックスで激安のもの、おしゃれなデザイン性に凝ったもの、回転式やキャスター付きなどです。扱っている回転式の多くはメカニックな印象がないため、ダイニングでのあわせやすさが利点になります。全体的に安い価格なので気軽に選べることでしょう。

ダイニングチェアがおしゃれで安いおすすめ店⑦

【IKEA】北欧デザインのダイニングチェア

IKEA(イケア)】といえばリーズナブルな北欧家具ですが、ダイニングチェアも安い価格のおしゃれな北欧デザインがそろっています。シンプルなので北欧テイストに限らず、いろいろな雰囲気のダイニングへ馴染ませやすいですよ。スタッキングできるものや、すっきりとした見た目のアイアン(スチール)脚タイプもあります。

ダイニングチェアがおしゃれで安いおすすめ店⑧

【無印良品】らしさを感じるダイニングチェア

無印良品】では「リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ」から、ダイニングチェアとベンチを見つけられます。いずれも木製脚で、オーク材突板とウォールナット材突板の2種類です。座面と背もたれは、別売りのカバーを取り付けることが前提となります。その合計金額は安い価格から少し離れてしまいますが、無印らしいおしゃれさを楽しめますよ。

まとめ

北欧デザインに回転式やカバー付け替えタイプ、またはベンチなどなど、ダイニングチェアは多くの種類があります。その中で着目すべきは、用途にあった使いやすさと座り心地、そしておしゃれさです。加えて予算内におさまる安い価格も、重要なポイントになるでしょう。サイズや素材についての知識があれば、失敗しない選び方ができるはず。ご紹介してきたおすすめ店から、おしゃれで安い最適なダイニングチェアを見つけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする